活動に参加するGET INVOLVED

寄付で支援する性の商品化にNO! 搾取されている子ども・若者を守るため、皆さんの力を貸してください

相談者のSOSを受けて、私たちはすぐに行動します。被害者のもとへ飛行機や新幹線を使って向かうこともあります。被害者を安全な場所に移し、保護することもあります。医療機関や警察など公的機関まで被害者に同行することもあります。脅しや詐欺などで出演を強要された被害者のアダルトビデオの販売差し止めのために、弁護士に介入を依頼することもあります。児童の被害の場合、学校や家庭と連携をすることもあります。
今、悩んでいる、苦しんでいる、子ども・若者たちとつながりたい。

一人でも多くの相談者に寄り添いたい。その思いで必死です。

この問題の解決には、被害者の相談窓口の充実や、被害者の安全の確保、被害者の心身回復までのサポート、権利を取り戻すための社会の仕組みづくり(政策提言)など、さまざまな活動が必要です。私たちが目標とする人身取引のない社会を実現するためには、毎年約5,000万円の活動資金が必要です。活動資金を準備することでこんなことが実現できます...

深夜を含めた相談窓口業務の拡大

現在の人員体制では、相談受付時間は平日に限られ、常に50件以上の相談に応じるのが精いっぱいです。しかし、実は深夜や休日こそ、子どもや若者からの被害相談があるのです。活動資金を増やすことで、深夜の対応もできる体制にすることができます。

政策提言活動の拡大

子どもや若者を狙った搾取をなくす法整備を!

過去数年、私たちは少ない人員のなか交代で省庁や国会議員、地方議員に対して被害者のケースをもとに定期的に陳情に出向いています。そして、少しずつ、議員や行政の皆さんの意識にも変化が見られます。しかし、子どもたちや若者を守る法整備を実現するにあたってはさらなる継続した働きかけが必要です。政策提言活動にあてられる助成金等がないなか、活動資金を得ることにより、法整備実現への働きかけを強めることができます。

寄付で届けることが出来る支援「AKARIサポーター」

5,000円
お申込みは
こちらから

その日の行き場がない相談者に、一泊分の宿泊先と食事を提供することができます。

遠出ができない関東圏の相談者のもとに支援スタッフが出向き、公共施設の会議室やカラオケボックスなどで落ち着いて相談を受けることができます。

寄付で届けることが出来る支援「AKARIサポーター」
10,000円
お申込みは
こちらから

相談者1名に、弁護士費用を提供することができます。

仕事やAV撮影を辞めさせてもらえないという相談者の依頼に応じ、警察や弁護士とともに加害者交渉が可能になります。

寄付で届けることが出来る支援「AKARIサポーター」
50,000円
お申込みは
こちらから

遠方からのSOSや相談に、飛行機や新幹線を利用した緊急介入ができます。

毎週の国会議員・省庁への陳情が可能になります。
(毎月約20議員への働きかけ)

寄付で届けることが出来る支援「AKARIサポーター」

活動に参加するGET INVOLVED

講演会やセミナーイベントや講演会・セミナーに参加する

活動報告会

ライトハウスは、不定期で日頃の支援活動等についてご報告し、支援くださっている皆さまと交流を深めるため、「活動報告会」を開催しています。

ご支援・応援いただいている皆さま、また、ライトハウスへの関わりはまだないけれど、活動にご興味をお持ちの方、多くの方の参加を歓迎しています。次回の活動報告会のお知らせは、メールマガジンFacebookTwitterで配信しますので、ぜひこれを機にご登録ください。

子ども支援セミナー

「子ども支援セミナー」は、 2013年より『子どもを性の商品化から守る支援者』の養成を目的として開催しています。子どもや若者に対する買春や児童ポルノ被害は年々深刻化しています。スマートフォン一つで子どもたちが被害に遭ってしまう状況を変え、子どもを被害者にも将来の加害者にもしないための、保護者、教育者、すべての子どもに関わる方のための、気づきとつながりの場です。

これまでに10回の講座が終了し、全国の保護者、子ども支援に関わる 500人以上の皆様が約15時間の研修を終え、全国で子どもを守ることができる社会を作るために活動してくださっています。

他団体主催イベント

ライトハウスが連携している他団体のイベント情報は以下よりご覧ください。

第11回日本子ども虐待医学会学術集会(2019年7月27~28日)
市民公開講座でライトハウス が登壇させていただきます。
jamscan2019.hakodate-hkd.info
(仮)日本子ども虐待防止学会(2019年12月21日~22日)
学会中、ライトハウス の支援活動についてのパネル展示をさせていただきます。
jaspcan25.jp

インターン人身取引の問題解決に向けて一緒に働きませんか?

日本国内の子どもや若者たちの性の商品化をなくす、人身取引の問題解決に向けて一緒に働いてくださるインターンの方を募集しています。大学生などの学生さん、再就職を考えている主婦の方、ライトハウスの活動に賛同し活動の一環を経験してみたい方など、大歓迎です。

応募に必要な条件や資格

  1. 平日週2日(合計16時間)以上で、3か月以上の継続的な活動が可能な方
  2. 日本語での業務が可能な方
  3. 待遇:無給(交通費支給・上限あり)

インターンとして得られる経験

  • 時代の変遷とともに変化する人身取引問題に関して、直接見聞きし、問題の本質や実態を把握することができる
  • 日々変化する人身取引問題に対して、 NPOが柔軟に解決策を提示し、解決していくプロセスに関わることができる
  • 議員、行政、国際機関、企業、市民セクターなど多様なステークホルダーと毎週接触し、対話、交渉することができる

インターンへの応募を希望される方は、インターン・エントリーシートをダウンロードし、ご記入後、info@lhj.jpまでお送りください。

ボランティア定員に達しています

日本国内の子どもや若者たちの性の商品化をなくす、人身取引の問題解決に向けて一緒に働いてくださるボランティアの方を募集しています。ボランティアはインターンとは異なり、週 2日以上のコミットメントの条件はありません。

街頭アウトリーチボランティア

(3か月以上の継続的な活動)

現在、東京都内での街頭アウトリーチ(午後 6時~10時の間の2時間)を、お手伝いいただけるボランティアを募集しています。ご興味のある方は、info@lhj.jpまでご連絡ください。

イベントボランティア

(単発)

ライトハウスが関わるイベントのボランティアを定期的に募集します。
なお、インターンやボランティアスタッフ募集に関しては、メールマガジンFacebookTwitterでいち早くお知らせします。これを機会にぜひご登録ください。

PAGE TOP