お知らせNEWS

2021.02.02

【緊急署名】不同意性交等罪をつくってください!キャンペーン

【緊急署名】不同意性交等罪をつくってください!キャンペーン

キャンペーンの内容をお読みいただき、署名や、拡散にご協力いただければ幸いです。

もしくは、オンライン企画「だれひとり取り残さない刑法改正をーどうなっている?刑法改正検討会」の録画をYoutubeでご覧いただけますので、見ていただくだけでも結構です。

一人でも多くの方のお力をお借りできればと思いますので、何とぞよろしくお願いいたします。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の3月に、日本の刑法性犯罪のあり方が決まろうとしています。
私たちはこれまで「同意がない性的な行為は犯罪だ」と言えるように改正してほしいと要望し、検討会での議論に期待してきました。

私たちは子どもたちに「怖くて抵抗できなかっただけなら犯罪ではない」と教えるのではなく「相手の同意のない性的行為はしてはいけない犯罪だ」と伝えたいのです。

同意なく、無理やり行われる性行為は暴力です。しかし、日本の刑法ではこれまで暴行・脅迫に抵抗できなかったこと、あるいはとても抵抗できる状態ではなかったことが証明できなければ、犯罪とは認められてきませんでした。

2020年6月から、法務省では刑法を変えるための「性犯罪に関する刑事法検討会」が始まっています。しかし残念ながら、「不同意性交等罪」の創設や、「不同意」を犯罪が成立するための要件に盛り込むという方向にならないまま、検討会は今年の3月中に方向性が決まりそうです。

相手が上の立場で、抵抗できなかった。怖くて固まってしまった。抵抗しようにもアルコールや薬を使われて抵抗できかった。このような被害は珍しくありません。

一般社団法人Springが2020年に行った調査でも、性器などに身体の一部や異物を挿入されたり、させられたりしたという1274件の回答のうち「凶器を使用した」のは44件〔3%)、凶器は使用していないが、脅迫や暴行を行った」のは171件(13%)で、明確な暴行や脅迫があった回答は少数でした。

現行の刑法では、性暴力に苦しむサバイバーの大半は「あなたに起きたことは犯罪ではない」とみなされています。

私たちは、検討会委員に「同意のない性的行為は犯罪だ」と言えるような法改正が必要だという、皆さんの声を3月までに「性犯罪に関する刑事法検討会」に届けます。ぜひ、緊急署名にご協力ください。

イギリス、ドイツ、デンマーク、アメリカ・カリフォルニア州、カナダ、台湾など各国は不同意の性行為を性犯罪とする法律をつくっています。 日本でも、不同意性交等罪をつくってください!

要望
1.暴行・脅迫要件、抗拒不能要件を見直して不同意性交等罪を創設すること。具体的には威迫、不意打ち、偽計、欺罔、監禁、無意識、薬物、洗脳、恐怖、障害、疾患などに加えて、『その他意思に反した』性的行為を要件に入れること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ おかげさまで、署名は現在67500人を超えております。一度提出しましたが、署名の効果か?法務省の検討会でのこの件についての議論は終了せず、まだ続いているようです。そこで、2月末で署名を〆切、再度、3月頭に提出したいと思います。最後数日です、周りの方への呼びかけ、SNSでの拡散などをお願いします。

新しい動画をアップしましたので、ぜひ視て拡散などよろしくお願いします。
https://youtu.be/UPXiyIDYw2w

◆オンライン企画「だれひとり取り残さない刑法改正をーどうなっている?刑法改正検討会」
Youtubeで録画がご覧になれます。
 
◆刑法改正市民プロジェクトからの行動提起です。
1.2月末までの緊急署名を開始しました。こちらで、署名ができます。
「不同意性交等罪をつくってください!」 
 
2.また、Twitterデモを行います。
2月11日 お昼12時開始
3月7日  お昼12時開始(検討会の前の日)
統一ハッシュタグ
#同意のない性交を性犯罪に

一覧に戻る

PAGE TOP