【児童買春・東京】児童買春で逮捕の「性被害根絶コンサル」、事件詳細


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/lighthousejapan/www/new/wp/wp-content/plugins/q-and-a-focus-plus-faq/inc/functions.php on line 250

「守れますか? 子どもの未来」。

児童の性被害の危険性を繰り返し訴えていた男には、言葉とは裏腹のゲスな素顔があった。東京都練馬区のラブホテルで15歳の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁石神井署は10月5日、児童買春、ポルノ禁止法違反(買春)の疑いでコンサルタントの男(35)を逮捕。小学校教諭の経験も持つ男は慣れ親しんだネットのツールを駆使して、少女を食い物にしていた。男の悪事を白日の下にさらしたのは、その「ケチさ」だった。

コンビニに置き去り

「買い物がしたい」

9月4日午後4時ごろ。車の助手席に座った少女は、ハンドルを握る男にこう声を掛けた。男は少女の求めに応じて車を練馬区内のコンビニ駐車場に止めた。車を降りた少女はコンビニへと入っていく。
買い物を終えた少女が駐車場に戻ったとき、男の姿は既になかった。

「だまされた」と、気付いた少女は携帯電話から110番に通報。駆けつけた練馬署の捜査員に一部始終をぶちまけた。

「4万円をもらう約束をして男とホテルに行った。男はお金を払わずに逃げた」

少女は都内の中学に通う15歳の女子中学生。男は●●●●容疑者だった。

ツイッターで交渉

●●●●容疑者と少女は事件前日の9月3日、短文投稿サイト「ツイッター」を通じて知り合った。捜査幹部は「売春をほのめかす少女のツイッターの書き込みを見た●●●●容疑者が、女子中学生にコンタクトを取った」と明かす。

2人は非公開でメッセージのやり取りができるツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)機能を使って援助交際について交渉した。「そこで少女と肉体関係を持つ代わりに4万円を支払う約束を約束したようだ」(捜査幹部)。

●●●●容疑者は“商談”をまとめると、翌4日午後、さいたま市大宮区の自宅から車を走らせて都内に向かった。少女をピックアップし、練馬区石神井台のラブホテルに車を滑り込ませる。

約1時間の密会を終えた●●●●容疑者はコンビニで少女を降ろし、約束の4万円を渡すことのないままその場から走り去った。

しかし、悪事はすぐに露呈する。少女からの通報を受けた捜査員は、コンビニの防犯ビデオや車の特徴などから●●●●容疑者を割り出した。

事件から約1カ月後に逮捕された●●●●容疑者は、「15歳と知っていた」と容疑を認めたという。

表の顔は教育者

欲望のままに少女の性をむさぼった●●●●容疑者には、もう一つの顔があった。

「守れますか? 子どもの未来」

●●●●容疑者が今年2月、立川市内で行った講演会のチラシにはこんなメッセージが書き込まれていた。

講演会のテーマは「ネット等の性被害根絶等の啓発」。講師として登壇した●●●●容疑者は、「児童ポルノ事件に遭う危険性等と被害に遭わないための防犯策についての講演会です」と説明している。

今年6月、自宅にコンサルティング会社を立ち上げていた。会社のホームページ(HP)には、企業理念として《情報化社会のリスクから学校・子供を守るサービスの提供》を掲げている。

HPなどによると、●●●●容疑者は平成16年に埼玉大学教育学部を卒業。2年間、埼玉県内の小学校に教諭として勤務した。その後、システムエンジニアに転じ、《都立学校の生徒に対する情報モラル講座講師》などを務めたという。

教育現場やIT業界での経験を生かし、講演活動にも熱心だったもようだ。

HPでは《児童生徒向け講演 250件、3万人》と自らの実績をアピールしていた。

愛妻弁当アップ

●●●●容疑者は、フェイスブックでも自己宣伝に余念がなかった。
会社設立直後の6月3日には、《子供や教育現場に近い立場で、情報モラル・情報セキュリティーについて私の知っていることを提供しながら、真の「情報教育」や「教育現場の情報化」を教育に関わる全ての方と一緒に考えていきたい》と投稿。

フェイスブック上にはこれ以外にも《子どもを守らなくては》(昨年12月19日)《後先考えずにネットに書き込みをするとどうなるのか、(中略)体験的に学べる教材が必要です》(同5日)などと並べたてている。

一方で、家族との幸せな交流をアップしていたこともあった。

平成25年1月20日には妻に作ってもらったとみられる弁当の写真とともに《○×(嫁)が作ってくれました》と誇らしげに書き込んでいた。捜査幹部は「●●●●容疑者は妻がいながらも、複数の女性と援助交際を繰り返していた。今回の事件と同様の行為に及んでいたケースもあるようだ」と吐き捨てた。

少女と家族、世間を欺いた罪は軽くない。

(産経ニュース 2016年10月16日)

http://www.sankei.com/premium/news/161016/prm1610160026-n4.html

※以下のリンク先記事の詳細となります。


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , , ,

← 事件簿