【児童買春・児童ポルノ】ツイッターとぎゃるる悪用急増 児童の犯罪被害


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/lighthousejapan/www/new/wp/wp-content/plugins/q-and-a-focus-plus-faq/inc/functions.php on line 250

交流サイトで犯罪被害に遭う児童が後を絶たない。警察庁は被害が急増しているツイッターと「ぎゃるる」で、全国の警察から昨年下半期に報告があった事件に絞って調査、援助交際などの温床となっている実態が浮き彫りになった。

 同庁によると、ツイッターは規約で13歳未満の利用を禁じているが、身分証の提示は求めていない。保護者に知られたくないやりとりに、偽名などで取得した「裏アカウント」を利用するケースは多い。
 容疑者がツイッターを選んだ理由は「(書き込みなどを)検索できる」との回答が17.9%に上り、援助交際を意味する「援」「サポ」などの隠語で検索すれば、援助交際を希望する書き込みが表示されるため、事件に利用される。
 「ぎゃるる」はスマートフォンの衛星利用測位システム(GPS)を使えば自分の近くにいる人の顔写真が一覧でき、大半の被害児童が「出会い系サイト」とのイメージを持っていた
産経ニュース 2016年4月14日

Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , , , , ,

← 事件簿