【児童ポルノ・岩手】脱衣所で女子を盗撮、児童ポルノ製造で男を逮捕


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/lighthousejapan/www/new/wp/wp-content/plugins/q-and-a-focus-plus-faq/inc/functions.php on line 250

 金ケ崎町の県立県南青少年の家の浴室脱衣場で18歳未満の女子を盗撮したとして、水沢署と県警少年課は13日、建造物侵入、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、同施設を管理する県スポーツ振興事業団の元臨時職員で無職の容疑者(32)=盛岡市=を逮捕した。12日には気仙沼市で5月に下半身を露出したとして公然わいせつ容疑で宮古商高講師の男(29)が逮捕されている。いずれも児童生徒と向き合う職に就く者として信じられない愚行で、県教委や同事業団には実効性ある再発防止策が求められる。

 容疑者の逮捕容疑は、昨年9月上旬ごろ、当時勤務していた同施設の脱衣場に女子の体をのぞき見る目的で侵入しデジタルカメラなどを隠して設置、18歳未満と知りながら着替える様子を動画で撮影し児童ポルノを製造した疑い。

 県警によると、容疑者は容疑を認め「女性の裸を見たいという気持ちがあった」と供述している。

 同事業団は同8日から容疑者を自宅待機とし、同22日付で停職2カ月の懲戒処分としたが、以前からの意向通り3月末で退職した。

(2017年6月14日 岩手日報)
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170614_1


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , , ,

← 事件簿