【児童ポルノ・山形】女子トイレに盗撮目的カメラ設置、小学校教諭を逮捕


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/lighthousejapan/www/new/wp/wp-content/plugins/q-and-a-focus-plus-faq/inc/functions.php on line 250

自らが勤務する小学校の女子トイレに正当な理由なく入ったとして、建造物侵入容疑で県警に逮捕された鶴岡市淀川町、小学校教諭、●●●●容疑者(25)がトイレに隠し置いたとされる小型カメラにトイレ内の映像があることが21日、県警への取材で分かった。●●●●容疑者は「盗撮目的だった」と容疑を認めており、県警は児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑での再逮捕を視野に捜査を進めている。県警は同日までに●●●●容疑者を山形地検鶴岡支部に送検した。

同市教育委によると、カメラは親指大の大きさで、4~6年の女子トイレ内の個室で女子児童が発見したという。

20日夜には小学校で保護者向けの説明会が非公開で開かれた。市教委などによると、保護者からは子供がトイレに行きたくないと不安を訴えている発言があったという。また、女子児童がカメラを見つけて女性教諭に訴えたものの、女性教諭が●●●●容疑者に渡してそのままとなったことや校内で情報が共有されなかったことに対し、危機管理意識の乏しさを指摘する声などもあったという。

一方、同市の榎本政規市長は21日の定例記者会見で、「将来ある子供たちの教育の中で起きたあってはならないこと。がくぜんとして憤りを感じている。市民のみなさんにおわびしたい」と陳謝した。

(毎日新聞地方版 2016年11月22日)

http://mainichi.jp/articles/20161122/ddl/k06/040/029000c


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , ,

← 事件簿