人身取引とは

人身取引とは、「現代の奴隷制」と言われる人権侵害です。
国連が定める人身取引の定義は、

参照:
UNODCホームページ(英語)
・日本政府による日本語訳は警察庁ホームページをご覧ください

つまり、“搾取を目的”として、”暴力や脅し、騙しなどの手段”を使って、”人権を侵害する行為”です。

※児童(18歳未満のすべての者)の場合は、いずれかの《手段》が用いられていなくても、
《行為》+《目的》で人身取引になります。
また、《手段》が用いられた場合には、人身取引の被害者が搾取について同意しているか否かは問われません。

日本でも、国籍・年齢・性別問わず様々な人が被害に巻き込まれています。