人身取引とは

人身取引とは、「現代の奴隷制」と言われる人権侵害です。
国連が定める人身取引の定義は、

人身取引の定義

<参照:UNODCホームページ>

つまり、人の”自由を奪い”、暴力や脅しを使って人を”強制的に”働かせ、その利益を”搾取する”犯罪行為です。
犯罪産業の中では、麻薬、銃の取引と同様に大きな産業で、急速に大きくなっています。

※子ども(未成年)の場合は、脅迫などの《手段》が使われていなくても、
《目的》+《行為》で人身取引になると定義されています。

ライトハウスは、現在日本で約54,000人もの人身取引被害者(性的搾取のみ)がいると推測しています。
日本でも、国籍・年齢・性別問わず様々な人が被害に巻き込まれています。