事件簿

casefile

その他

愛知県警中署は28日、売春防止法違反(周旋)の疑いで、名古屋市中区のデリヘル店の店長(44)や送迎役の従業員の男ら計5人を逮捕した。容疑者らは共謀して19~27歳の女性従業員4人に「高い給料をもらっているんだから客を満足させないといけない」と言って、市内のホテルに送迎して売春をあっせんしたとされる。同署によると、同店は2006年から営業しており、女性従業員約40人が所属。1回5万~10万円で派遣していた。
(2014年5月28日 スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/05/28/kiji/K20140528008250860.html


Permalink


 警視庁保安課は26日までに、わいせつ電磁的記録媒体頒布などの疑いで、東京都杉並区桃井、指定暴力団住吉会系組員、●●●●容疑者(43)ら10人を逮捕し、わいせつDVD約18万枚を押収した。●●容疑者は「一切知らない」と否認している。
 警視庁によると、●●容疑者らは東京・歌舞伎町で、わいせつDVD販売店を2店舗経営。歌舞伎町で一番の繁盛店として知られ、2011年から約8億円を稼いでいたとみられる。
 逮捕容疑は16日、新宿区歌舞伎町1丁目のビル2階店舗で、客にわいせつDVD30枚を1万円で販売するなどした疑い。
(2015年5月26日 SANSPO.COM)

http://www.sanspo.com/geino/news/20150526/tro15052611550007-n1.html


Permalink


県教育委員会は二十六日、勤務先の女子生徒を盗撮したりわいせつ行為をしたりした男性教諭三人を懲戒免職にした、と発表した。
 県立高校の男性教諭(28)は今年二月、自身の授業中に教室で女子生徒三人のスカートの中にペン型カメラを差し入れ、動画を撮影した。別の県立高校の再任用の教諭(64)と公立中学校の男性教諭(24)はそれぞれ校外や自宅で、勤務先の女子生徒の上半身を触るなどした。県教委は「被害生徒が特定されないようにするため」として三人の勤務先や氏名を明らかにしていない。
 県教委はほかに、県教育局財務課の男性主任(31)と県立上尾特別支援学校の男性主事(27)をともに停職三カ月にした。二人はJRの駅構内や店舗ビル内で女性のスカート内に携帯電話を差し入れ、動画や写真を撮影。それぞれ今年一月と二月に県迷惑行為防止条例違反の罪で略式起訴され、罰金の略式命令を受けていた。
 また、二年生の男児の胸を手で押してけがを負わせた川越市立小学校の男性助教諭(25)を減給十分の一(一カ月)とした。 (岡本太)
(2015年3月27日 東京新聞WEB)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150327/CK2015032702000158.html


Permalink


小樽署は26日までに、強要未遂の疑いで、愛知県豊田市横山町4、愛知県警緑署地域課巡査部長の●●●●容疑者(32)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年4月にインターネット上の掲示板で知り合った道内の小学校高学年の女児に昨年夏ごろ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じて裸の画像などを10枚ほど送らせ、今年2月1~10日に「交通費を出すから名古屋に来い。来られないなら画像を公開する」との内容のメッセージを複数回送り、名古屋行きを強要しようとした疑い。小樽署によると容疑を否認しているという。

小樽署によると、女児と母親が同署へ相談に訪れ、LINEのIDから同容疑者が浮上した。同署は、裸の画像などが確認できれば、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純製造)の疑いでも調べる方針。

(北海道新聞WEB 2015年3月26日)

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0116245.html


Permalink


父の面影を求めた“祖国”で、約束はほごにされた。日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれた「親日系フィリピン人」(JFC)らが働いていた岐阜、愛知両県のパブが、入管法違反容疑で岐阜県警の家宅捜索を受けた。来日に関わったブローカーの男の下から逃げ、今も息を潜めて暮らす女性らが、約束にないパブでの労働を強いる手口を毎日新聞の取材に証言した。
「お金は要らない。ただ、工場で4年間働いてほしい」。大学生だったJFCの女性(20)はフィリピンの首都マニラで昨年6月、日本人の男に来日を持ちかけられた。女性が生まれて9カ月後に姿を消したという日本人の父親。その戸籍には入っておらず、20歳の誕生日までに申請しないと日本国籍を取れない。日本大使館に相談しても話が進まず途方に暮れていた時、「JFCを支援している」という「国際財団」の男を知人に紹介されたのだ。自分は、周りの友人や親族とは顔つきも、時に振る舞いも違う。私は何者なのか。日本という国や日本人を知れば父に近づき、自分のことも分かるのではないか。「お金だけの問題じゃない。アイデンティティーの問題」。そんな思いで来日を決めた。だが大学をやめて7月に来日すると、中部国際空港に迎えに来た男の車は岐阜県のパブに直行した。数日後、初めて“借金”があると告げられた。食費もただという触れ込みだったが、「ご飯を食べるだけでも借金が積み上がる」と言われた。経費が60万円かかったとも言われ、隠れて泣いたが、酔客の接待を断れなかった。別の女性(34)もこの男を頼り、日本人との間に産んだ長男(10日本国籍=と昨年4月に来日。だが、パスポートを取り上げられ、名古屋市のパブで働かされた。長男を通学させる約束は破られ、外出も止められた。来日前に30と約束された月給は8万円しかなく、「逃げれば罰金150万円。(男の)兄弟がヤクザだから、どこに行っても見つける」と脅された。だが長男の将来を考え、男がフィリピンに渡った昨年8、隙(すき)を見つけて逃げ出した。
入管法違反の容疑でフィリピンパブに捜索に入る岐阜県警の捜査員ら=岐阜県美濃加茂市で2015年2月13日午後10時10分
(毎日新聞 2015年2月14日)
http://mainichi.jp/select/news/20150214k0000m040126000c.html


Permalink


福岡県警八幡西署は9日午前9時59分、北九州市八幡西区楠橋東2丁目、無職男(49)を売春防止法違反(契約、周旋)容疑で逮捕した。
同署の調べによると、男は昨年3月下旬ごろから8月上旬ごろまでの間、出会い系サイトを利用して募集した女性らを相手に、売春をさせる契約を結び、同年5月下旬ごろから同年9月下旬ごろまでの間、女性たちに、不特定の客を売春の相手として引き合わせ、売春の周旋をした疑い。
(西日本新聞 2015年2月9日)

http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/144459


Permalink


警視庁保安課は1月20日までに、ホテルなどに女性を派遣し、売春を斡旋(あっせん)したとして、売春防止法違反(周旋)の疑いで、デリバリーヘルス(派遣型風俗店)「サンキューグループ」の実質経営者で会長の男(61=東京都新宿区原町)ら男女21人を逮捕した。
同課によると、全国展開のデリヘル店を一斉に摘発するのは初めてのこと。
調べに対し、容疑を認めている者もいるが、男は「私の店は売春店ではありません」と否認しているという。
男らの逮捕容疑は、昨年5月から10月までの間、池袋店や五反田店など計6店舗において、ホテルやレンタルルームに女性を派遣し、女性従業員7人に売春させたとしている。
数年前から同グループに関しては、「派遣されてきた女性が、インターネットに載っていた写真と全く似ていない」などといった苦情が相次いでおり、元従業員女性から「過激なサービスを強要された」との情報提供があり、1月17日に10店舗を家宅捜索していた。
同グループは池袋に総本店を置き、東京を始め、埼玉、千葉、神奈川、栃木、北海道、青森、宮城、山形、福島、愛知、静岡、長野、新潟、大阪、兵庫、岡山、広島、愛媛、福岡、大分の21都道府県で65店舗の直営店、フランチャイズ店を全国展開し、年間4億円を売り上げていたとみられる。
勝手に風俗適正マークを作って、ホームページに掲載し、「安心安全の風俗店であることをお約束します」とうたっていた。
料金は30分3900円からと“激安”が売りだったが、一定以上の料金コースでは女性従業員に売春をさせていたという。
(リアルライブ 2015年01月22日)
http://npn.co.jp/article/detail/15032903/

Permalink


佐賀署は21日、売春防止法(周旋)の疑いで、福岡市博多区博多駅南6丁目、風俗店経営 男(52)を逮捕した。
逮捕容疑は10月下旬、小城市内のホテルで、20代の女性従業員を佐賀市内の20代男性と引き合わせ、売春を仲介した疑い。同署によると、今里容疑者は佐賀市内で無店舗型風俗店を営んでいる。「売春クラブではない」と否認しているという
( 佐賀新聞 2014年11月23日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10102/128431

Permalink


愛知県警中署は28日、売春防止法違反(周旋)の疑いで、名古屋市中区のデリヘル店の店長(44)や送迎役の従業員の男ら計5人を逮捕した。容疑者らは共謀して19~27歳の女性従業員4人に「高い給料をもらっているんだから客を満足させないといけない」と言って、市内のホテルに送迎して売春をあっせんしたとされる。同署によると、同店は2006年から営業しており、女性従業員約40人が所属。1回5万~10万円で派遣していた。
(スポニチ 2014年5月28日 )
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/05/28/kiji/K20140528008250860.html


Permalink


インターネットの動画投稿サイト「FC2」で、わいせつな動画を不特定多数の人が見られるようにしたなどとして、大阪の会社の社長らが逮捕・起訴された事件で、警察は、「FC2」の開設者でアメリカに住む40代の男が事件に関わった疑いが強まったとして逮捕状を取り、国際手配しました。

大阪市のインターネット関連会社「ホームページシステム」の社長、●●●●(40)と、前の社長の○○○○被告(39)は、おととし6月、インターネットの動画投稿サイト「FC2」でわいせつな動画を不特定多数の人が見られるようにしたなどとして逮捕・起訴されました。
警察によりますと、「FC2」は、○○被告の兄でアメリカに住む40代の男が開設しましたが、押収した資料などを分析した結果、この男が事件に関わった疑いが強まったということです。警察は、わいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで男の逮捕状を取り、国際手配しました。
これまでの捜査で、「ホームページシステム」から押収したパソコンに、「FC2」のすべての会員2600万人分の名前やメールアドレスなどの情報が保管されていたことが分かっていて、警察は、この会社が「FC2」の実質的な運営会社とみて調べています。

(NHK NEWS 2015年8月20日)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150820/k10010196111000.html


Permalink


児童にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつと児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の罪に問われた元神戸市立小学校臨時講師の●●●●被告(23)=同市東灘区魚崎南町2=の初公判が24日、神戸地裁(中川卓久裁判官)であった。●●被告は起訴内容を認めた。

起訴状などによると、●●被告は4~5月、13歳未満の男児の下半身を触り、スマートフォンのカメラで動画撮影したなどとされる。

冒頭陳述で検察側は、「勉強を教えることを口実に家族や児童と交流を深めた上で、2人きりになる状況を作り、犯行に及んだ」とした。

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201509/0008425969.shtml
(神戸新聞 2015年9月24日)


Permalink


人身取引や家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)の被害者を保護する全国の婦人相談所が、2010~14年度に少なくとも46カ国1910人(年平均約380人)の外国人女性を一時保護したことが毎日新聞の調査で分かった。日本人を含む保護者は年4300~4600人(10~13年度、厚生労働省調べ)で推移しており、外国人の割合が際立つ。支援が限られて保護が長引く傾向も浮かぶ。

◇目立つ長期化「シェルター必要」

婦人相談所は売春防止法で各都道府県に設置が義務付けられた女性の保護業務の中枢機関。全国の婦人相談所や都道府県に外国人の一時保護実績や支援状況を聞き、全47都道府県から回答を得た。

5年間に保護された外国人は計1910人で全都道府県に保護実績があった。厚労省によると日本人を含む年間の一時保護者は10万人当たり6、7人だが、調査結果では外国人の保護割合は10万人当たり32~37人となり、5倍前後に上る。

国籍が判明した1333人のうちフィリピンが697人と半数を占め、中国205人、ブラジル91人と続いた。

都道府県別の最長保護期間は平均74日。2週間程度で施設を出るとされる日本人と比べ、保護が長引くケースが目立つ。

長期化の背景については、「住まいや仕事など生活基盤の受け皿確保が難しい」(福島県)▽「日本語が十分に話せず自立が困難」(長野県)--などの指摘があった。13道県は(1)カウンセリング(2)日本語学習(3)被害者の法的権利や人身取引に関する国の対策の説明(4)在留資格変更などに関わる定住支援--のいずれについても「提供できるスタッフがいない」と回答し、支援不足が浮かんだ。

「移住者と連帯する全国ネットワーク」(移住連)の山岸素子事務局長は「在留資格更新時に夫の身元保証に依存せざるを得ない現状がDVを助長し、被害者を多くしている」と指摘。「行政は多言語・多文化に対応できるシェルターを設けるべきだ」と訴える。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000020-mai-soci
(毎日新聞 2015年12月27日)


Permalink


小学生の少女2人に声をかけ体を触るなどしようとしたうえ、財布を盗んだなどとして31日、愛知県一宮市に住む男が逮捕された。わいせつ略取未遂などの疑いで逮捕されのは、一宮市の無職・●●●●容疑者(31)。警察の調べでは、●●容疑者は3月13日、一宮市内で9歳の小学生の女の子2人に声をかけ、体を触るなどのわいせつ行為をしようとしたうえ、抵抗する2人の腕をつかむなどの暴行を加えた疑いがもたれている。さらに、1人の少女から現金約1万2000円が入った財布を盗んだとみられている。調べに対し●●容疑者は、容疑を認めているという。

(中京テレビ 2016年03月31日) 
http://www.news24.jp/nnn/news86229286.html


Permalink


千葉県警は6日、17歳の少女にみだらな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いで、県立の児童自立支援施設で生活指導を担当していた、県職員、●●●●容疑者(35)=千葉市緑区=を逮捕した。

 県警によると、昨年夏以降、施設の寮を退所した少女を呼び出し「たばこを吸っていることを児童相談所に通報する」と脅して数カ月間で4~5回、ホテルに連れ込んでいたという。

 逮捕容疑は,昨年11月16日と同19日、無職の少女(17)が18歳未満と知りながら、県内のラブホテルでみだらな行為をしたとしている。

(産経ニュース 2016年04月06日) 
http://www.sankei.com/affairs/news/160406/afr1604060018-n1.html


Permalink


ヌードモデルの紹介を装って売春を斡旋したとして、大阪府警保安課は25日、売春防止法違反(周旋)の疑いで、派遣型性風俗店経営、●●●●(46)=大阪市平野区加美鞍作=と、従業員の△△△△(37)=大阪府吹田市寿町=の両容疑者を逮捕したと発表した。
府警によると、●●容疑者は約10年前から、売春クラブのインターネットサイト「素人モデル ぷちモデル」を運営。カメラマンにヌードモデルの女性を紹介するとアピールしていたが、実際は申し込んだ男性客にサービス内容や料金を示し、女性を派遣して売春させていたという。
逮捕容疑は、4月12日、30代の女性を同府豊中市のホテルなどに派遣し、30代の男性客に売春させたとしている。
△△容疑者は派遣先を調整する指示役だった。●●容疑者は容疑を認めているが、△△容疑者は一部否認しているという。
(産経WEST 2017年5月25日)
http://www.sankei.com/west/news/170525/wst1705250057-n1.html


Permalink


 北海道警は13日、中学生の少女2人に裸の画像を送らせたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、名古屋市立白沢小学校(同市守山区)の教諭、●●●●容疑者(36)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年10月と11月、いずれも14歳で北海道後志地方と長崎県に住む女子中学生2人に裸の画像を撮影させ、自分のスマートフォンに送信させた疑い。
 道警によると、●●容疑者はスマホのアプリなどを通じて2人と知り合った。●●容疑者のスマホには女子中高生とみられる少女の画像が多数保存されており、他に被害者がいないか調べている。
 名古屋市教育委員会は「許し難い行為であり、大変遺憾だ。事実を確認した上で厳正に対処したい」としている。
(2017.6.13 産経ニュース)

http://www.sankei.com/life/news/170613/lif1706130029-n1.html


Permalink


教え子だった男子高校生にアダルトグッズを贈ったとして、神奈川県警は横浜市立中学校の吹奏楽部で外部講師として指導していた川崎市の男性(32)を県青少年保護育成条例違反(有害玩具の贈与)の疑いで書類送検した。県警への取材でわかった。調べに「中学卒業記念としてあげた。悪気はなかった」と供述しているという。

山手署によると、男性は4月上旬、市立中で吹奏楽部に所属していた高校1年の男子生徒(15)にアダルトグッズ1個を贈った疑いがある。14日に書類送検した。複数の横浜市立中学校で吹奏楽部の指導をしていたが、捜査を受けてすべて辞めたという。

男性は立件されたほかにも、別の男子生徒2人にアダルトグッズ計3個を贈っていたが、2人は処罰を求めなかったという。

(6月20日 朝日新聞)


Permalink


フィリピン人女性をわいせつ目的で売買したとして、警視庁保安課は人身売買容疑で、フィリピン国籍で川崎市高津区千年、会社役員、●●被告(60)=監禁 致傷罪などで起訴=と同区久末、自営業、○○容疑者(66)=犯人蔵匿容疑で逮捕=ら3人を再逮捕した。同課によると、●●容疑者は容疑を一部否認し、 ○○容疑者ら2人は認めている。 同課によると、わいせつ目的での人身売買容疑の摘発は全国で初めて。●●容疑者は2 月、「日本で仕事ができる」といって女性を観光ビザでフィリピンから呼び寄せ、自宅で売春行為をさせていた。同課は平成14年以降、少なくとも20人の フィリピン人女性の偽装結婚を仲介したとみて裏付けを進めている。
逮捕容疑は5月12日、川崎市高津区内の●●容疑者の自宅で、わいせつ目的で、フィリピン人女性(23)を現金150万円で○○容疑者に売るなどしたとしている。
●●容疑者は別のフィリピン人女性(38)を自宅に監禁して負傷させたとして逮捕、起訴されていた

(2014年7月3日 産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140703/crm14070313560011-n1.htm


Permalink


← 事件簿