【児童買春・東京】少女買春、物損壊、業務上横領 県警3警官が不祥事

県警の警察署勤務の警察官三人が昨年から今年にかけ、少女買春、器物損壊、業務上横領の不祥事を起こし、いずれも減給の懲戒処分となった後に依願退職していたことが、県警への情報公開請求で開示された資料で分かった。三件とも公表されていないが、県警監察課は「警察庁の指針などから職務外の懲戒処分は停職以上が公表基準のため、三人とも該当しなかった」と釈明している。

(東京新聞 2014年11月7日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20141107/CK2014110702000162.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags:

← 事件簿