【児童買春・岡山】「性的欲求のはけ口として利用」元巡査部長、中学生2人買春に有罪 岡山地裁

公立中の女子生徒2人に現金を渡す約束でみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の罪に問われた岡山県警総社署地域課の元巡査部長、●●●●被告(25)=懲戒免職=に岡山地裁は27日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。
後藤有己裁判官は判決理由で「出会い系アプリを用いた常習的犯行の一環。現職の警察官として本来は保護する立場にありながら被害生徒を性的欲求のはけ口として利用しており、強く非難されるべきだ」と指摘。一方で「懲戒免職となり、一定の社会的制裁を受けている」と述べた。
判決などによると、昨年11月13日、岡山県内に住む中学2年と3年の女子生徒に計3万円を渡す約束をして同県浅口市のホテルでみだらな行為をした。
http://www.sankei.com/west/news/170227/wst1702270046-n1.html
( 産経WEST 2017年2月27日 )

Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , , ,

← 事件簿