【児童買春・奈良】「間違い電話」で知り合った女子中学生を4千円で買春

 

18歳未満であることを知りながら、女子中学生に現金4千円を渡して買春したとして、奈良県警奈良署は4日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で、京都市上京区のアルバイト従業員の男(25)を逮捕した。
「ホテルには行ったが、みだらな行為はしていない」などと容疑を一部否認している。
逮捕容疑は今年3月9日午前8時35分~午後2時40分ごろ、奈良市内のホテルで、奈良市の女子中学生=当時(14)=に対し、現金4千円を渡してみだらな行為をしたとしている。
同署によると、男と女子中学生は今年2月、男の携帯電話に女子中学生の友人が間違い電話をかけた際、電話に出た男に驚いた友人が女子中学生に電話を代わったことがきっかけで知り合った。2人は数日後に会う約束をし、男は女子中学生に連絡用の携帯電話を渡してこれまで4回、奈良県内で会ったという。

女子中学生の母親が、見慣れない携帯電話を持っていた娘を不審に思い、問い詰めたところ男との関係が発覚。3月に母親が同署に相談していた。

( 産経新聞 2014年9月5日)
http://news.livedoor.com/article/detail/9221062/


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , ,

← 事件簿