【児童買春・大阪】少女との淫らな行為撮影の男性講師ら懲戒免職

大阪府教育庁は29日、少女に現金を渡し、みだらな行為をするなどした大阪府立金剛高校の男性講師(34)を懲戒免職とするなど6件の懲戒処分を発表した。

府教育庁によると、講師は昨年12月、大阪市内の自宅で、ツイッターで知り合った中学1年の女子生徒に現金5万円を支払ってみだらな行為をした上、その様子を動画で撮影したとされる。

今月、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで大阪府警の家宅捜索を受け、事情を聴かれたという。講師は「出会い系アプリなどで知り合った約40人の半数程度も動画を撮影した。一部は未成年だった」と話しているという。

また、路上で女子高生の胸などを触ったとして強制わいせつ容疑で兵庫県警に逮捕された大阪府茨木市立中津小学校の男性講師(23)を懲戒免職としたほか、許可を得ずに平成11~28年度に教科書の編集や執筆に関わり、報酬約930万円を受け取った府立高校の男性教諭(60)を戒告とした。

(産経ニュース 9月29日)

http://www.sankei.com/west/news/170929/wst1709290089-n1.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , , , , , , ,

← 事件簿