【児童買春・大阪】中2女子に売春させ、300人相手に900万円売り上げ 

大阪府警少年課は16日、中学2年の女子生徒(14)に売春をあっせんしたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、住所不定、無職●●容疑者(35)を逮捕した。
少年課によると、容疑者は少なくとも9人の中学生を含む中高生ら約20人を雇っていた。出会い系サイトで男性客を募り、援助交際を仲介する「援デリ」をしていた。「何も話したくない」と認否を留保している。
女子生徒は昨年9月~今年2月、約300人を相手に約900万円の売り上げがあり、うち8割の約720万円を手にしていた。調べに「友達に食事をおごったり、好きな物を買ったりした」と話している。
逮捕容疑は1~2月、男性客2人と女子生徒を引き合わせ、性交させた疑い。
府警は今年2月、●●容疑者に紹介された別の女子生徒(14)と性交したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで京都府の司法書士(66)=罰金50万円の略式命令=を逮捕しており、●●容疑者が売春組織を運営していた疑いもあるとみて捜査している。
( スポニチ 2014年6月16日)
http://www.sanspo.com/geino/news/20140616/tro14061619550013-n1.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , , , , , ,

← 事件簿