【児童買春・大阪】「制服の中高生に興奮」中学教諭が14歳買春・下着買い取り

 大阪府警少年課は20日までに、中学3年の女子生徒(14)にみだらな行為をさせ、下着を買い取ったなどとして児童売春・ポルノ禁止法違反(買春)などの疑いで同府松原市立松原第五中の教諭、●●●●容疑者(23)=同府富田林市木戸山町=を逮捕した。逮捕は11月29日。送検後に釈放され、任意で捜査している。
 少年課によると、「制服の中高生に興奮し、エスカレートした」と容疑を認めている。逮捕容疑は7月2日、富田林市内のラブホテルで女子生徒に約2万円を支払い、体を触らせ、下着を持ち帰った疑い。
 駅で女子高校生のスカート内を盗撮したとして、11月28日に府迷惑防止条例違反の疑いでも現行犯逮捕された。
 女子生徒はインターネット上の会員制交流サイト(SNS)で下着の販売を持ち掛けており、サイバーパトロールで発見した少年課が捜査を進める中、大野容疑者が浮上した。

(産経ニュース 2017年12月20日)
http://www.sankei.com/west/news/171220/wst1712200063-n1.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿