【児童買春・兵庫】「15年前から教え子にわいせつ」兵庫の元塾経営者、女子中生らに

自宅で経営する塾で生徒の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警社署は28日、強制わいせつ容疑で、兵庫県加東市掎鹿谷(はしかだに)、元学習塾経営の男(59)=別の強制わいせつ罪などで起訴=を再逮捕した。同署によると、容疑者は「15年ほど前からやっていた」と供述。自宅から押収したDVDなどの映像から、被害者は15人以上とみられ、同署が詳しく調べている。

再逮捕容疑は平成24年6月27日午後9時20分ごろ、自宅兼学習塾の1階和室で、約20分間にわたり、当時14歳の中学2年生だった女子生徒にわいせつな行為をしたとしている。「性欲を満たすためにやった」と容疑を認めているという。

容疑者は、別の教え子の女子中学生にわいせつな行為をし、その様子を撮影したとして、今月24日、神戸地検姫路支部が、強制わいせつと児童買春・児童ポルノ法違反(製造)罪で起訴していた。

同署によると、塾は個別指導で、主に容疑者が1人で生徒を教えていた。指導中、「頭がさえるツボがあるからマッサージをしてあげる」などと持ちかけ、拒否できない生徒ばかりを狙ってわいせつ行為に及んでいたという。

塾には、多い時期には小学生から高校生までの男女約40人が通っていたが、被害にあっていたのは主に女子中学生とみられる。

http://www.sankei.com/west/news/150928/wst1509280070-n1.html
(産経ニュース 2015年9月28日)


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , ,

← 事件簿