【児童買春/ポルノ・福島】 幼児にわいせつ行為、保育園元経営者を再逮捕

福島県警郡山署は17日、郡山市大槻町、認可外保育園元経営者男(37)(強制わいせつ罪で起訴)を強制わいせつと児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで再逮捕した。
発表によると、被告は10月中旬の昼頃、同市内で就学前の幼児にわいせつ行為をし、その様子を携帯電話のカメラで撮影・保存した疑い。同署が押収した小林被告の携帯電話に画像が残っていたため、発覚した。被告は「児童に興味があった」と容疑を認めているという。被告は同じ頃、別の幼児を市内のホームセンターのトイレに連れ込んで体を触ったとして、強制わいせつ容疑で逮捕、起訴されている。
( 読売新聞 2014年11月18日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141118-OYT1T50045.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , ,

← 事件簿