【児童ポルノ・東京】胸を盗撮…児童ポルノ禁止法違反で初摘発

警視庁は33歳の男を全国で初めて、児童ポルノ禁止法違反の疑いで書類送検した。電車の中で女子児童の服の隙間から見える胸を盗撮したとする。
警視庁によると、書類送検された33歳の契約社員の男は、今年10月、小田急線の車内で、女子児童のタンクトップの隙間から見える胸をスマートフォンで盗撮した疑いがもたれている。男は調べに対し、「子供の胸を見ると興奮し、盗撮目的で電車に乗った」と容疑を認めていて、2年間で約100人の女子児童の胸を盗撮したとみられている。児童ポルノ禁止法は、今年7月に服を着た児童の胸などを電車内で盗撮する行為も処罰できるよう改正されており、今回の摘発は全国で初めてだという。
( 日テレNEWS24 2014年12月19日)
http://www.news24.jp/articles/2014/12/19/07265606.html

Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿