【児童ポルノ・岐阜】勤務先で女児の水着盗む、小学校教諭を懲戒免職

岐阜県教育委員会は4日、勤務先で女子児童の水着を盗んだとして、窃盗罪で起訴された羽島市の小学校教諭の男性被告(30)を懲戒免職処分とした。
また、監督責任を怠ったとして、同校の男性校長(56)を減給10分の1(3か月)、同校の教頭2人を戒告の懲戒処分とした。
発表によると、被告は昨年7月12日頃、同校内の廊下で、女児 のカバンからスクール水着1着を盗んだとして逮捕、起訴された。同5月には上半身裸の18歳未満の少女が映った動画を、インターネットを使って県外の男性 に送信したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑でも逮捕されていたが、不起訴となっている。県教委はこれらの行為が教職員の信用を失墜させたとし ている。被告はいずれの事実も認めており、「子どもたちの心を深く傷つけ申し訳ない」などと話しているという。
(読売新聞 2015年3月5日)

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10102/162480?area=ranking


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿