【児童ポルノ・茨城】盗撮:元講師、執行猶予判決

勤務していたひたちなか市立小学校で盗撮したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(ポルノ製造)罪などに問われた日立市大みか町6、元小学校講師、●●●被告(32)に対する判決公判が9日、水戸地裁であり、●●●●裁判官は「女性や児童の尊厳に対する認識がゆがんでいる」として懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)を言い渡した。
判決によると、●●被告は昨年7〜8月、勤務先の小学校2階更衣室で計2回、ボールペン型のビデオカメラを設置し、女子児童の着替えを撮影。自宅パソコンの外付けハードディスクに保存した。
(毎日新聞地方版 2015年2月10日)

http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20150210ddlk08040239000c.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿