【児童ポルノ・福岡】「スカイプ」で少女の服脱がせ録画・保存した男

福岡県警小倉北署は23日、住所不定、無職の被告(27)(強要罪などで公判中)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)容疑で福岡地検小倉支部に追送検したと発表した。
発表によると、被告は2013年3月から1年間で、福岡、山 口、大分県などの14~17歳の少女12人に対し、ネット電話「スカイプ」で服を脱がせて、その様子を録画、保存するなどして児童ポルノを製造した疑い。 「中高生が好きだった。自分で楽しむために保存した」と容疑を認めているという。
(読売新聞 2015年2月24日)

http://www.yomiuri.co.jp/it/20150224-OYT1T50027.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , ,

← 事件簿