【児童ポルノ・東京】整骨院で女児の裸撮影容疑

院長を務める整骨院で、施術を受けに来た少女の裸を撮影したとして、警視庁杉並署は24日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、柔道整復師の●●●●容疑者(29=東京都杉並区成田西)を逮捕したと発表した。逮捕は23日。

逮捕容疑は2016年11月~17年1月、杉並区高円寺北2丁目の「高円寺中央整骨院」で、当時小学6年の女児の裸をスマートフォンで動画撮影し、児童ポルノを製造した疑い。

杉並署によると、●●容疑者は施術中、女児に「テーピングをしてきて」などと言って、棚にスマホを仕掛けた部屋に誘導し、隠し撮りしていた。

17年6月に別の女性から「盗撮された」との110番があり、同署が捜査していた。●●容疑者のスマホには他にも女性が盗撮されたような動画が複数見つかっており、同署が詳しく調べる。

(日刊スポーツ 2018年1月24日)

https://www.nikkansports.com/general/news/201801240000337.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: , , ,

← 事件簿