【児童ポルノ・広島】少女のわいせつ動画販売容疑で男を逮捕

県警少年捜査課と熊谷署は21日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)などの疑いで、広島市安佐北区、会社員(男31)を逮捕した。インターネット上で児童ポルノ動画を販売したとする。同課によると「18歳未満ではないと思っていた」などと話し、一部容疑を否認しているという。
逮捕容疑は、昨年8月7日、動画販売サイトを利用し、撮影当時15歳の少女のわいせつな動画を、熊谷市の50代の男性に900円で販売したとしている。同課によると、平田容疑者は同様の方法で同年1~11月までに約113万円の利益を得ていたという。
(産経ニュース 2015年1月22日)
http://www.sankei.com/region/news/150122/rgn1501220019-n1.html

Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿