【児童ポルノ・岩手】児童ポルノ動画製造の疑い 一関の教員を再逮捕

一関署、県警少年課、同生活環境課は1日、18歳未満の少女にわいせつな行為をし児童ポルノ動画を製造したとして強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで岩手県一関市赤荻、同市内の小学校教諭(48)を再逮捕した。容疑を認めているという。
再逮捕容疑は2011年7月下旬、県内で少女が18歳未満と知りながらわいせつな行為をした。その様子をデジタルカメラで撮影し記録媒体に保存、児童ポルノ動画を製造した疑い。
容疑者は18歳未満の少女の裸の画像を電子メールで氏名不詳の第三者に提供したとして、5月11日に児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで逮捕。盛岡地検一関支部は1日、同容疑について処分保留とした。
(2014年6月2日 岩手日報)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140602_1


Category: 人身売買
Tags: ,

← 事件簿