【児童ポルノ・奈良】葛城市議の県青少年健全育成条例違反:●●元市議、地検支部が起訴

奈良地検葛城支部は10日、●●●●・元葛城市議(28)=懲役2年6月、執行猶予4年の判決が確定=を児童買春・ポルノ禁止法違反で在宅起訴した。同支部は認否を明らかにしていない。
起訴状によると、●●被告は神戸市内のホテルで13年7月、18歳未満と知りながら少女とのみだらな行為を撮影するなどし、児童ポルノを製造したとされる。事件を巡っては、同支部の不起訴処分を不服として少女側が審査を申し立て、昨年12月に葛城検察審査会が「起訴相当」と議決していた。
(毎日新聞 地方版 2015年04月11)
http://mainichi.jp/area/nara/news/20150411ddlk29040613000c.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿