【児童ポルノ・大阪】男児の裸盗撮、児童ポルノ製造した小学校講師

 

大阪府警浪速署は29日、岬町立淡輪小講師、●●容疑者(23)(阪南市貝掛)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(盗撮による児童ポルノ製造)などの容疑で書類送検した。
同署によると、7月の同法改正後、「盗撮による児童ポルノ製造」が適用されるのは、府内では初めてという。発表では、●●容疑者は7日午後4時45分頃、大阪市浪速区の娯楽施設の更衣室で、スマートフォンで男児の裸や陰部を撮影し、児童ポルノを製造した疑い。容疑を認めているという。

( YOMIURI ONLINE 2014年9月1日)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140901-OYT8T50059.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿