【児童ポルノ・大分】大分の温泉施設で女児盗撮、埼玉の男に有罪判決

児童買春・児童ポルノ禁止法違反(盗撮による児童ポルノ製造)に問われた埼玉県秩父市の会社員(45)の初公判が4日、大分地裁であり、被告は起訴事実を認めた。
検察側は懲役1年6月を求刑し、世森ユキコ裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。
判決によると、被告は7月から8月にかけ、大分市の温泉施設の男湯で、父親と来ていた複数の女児の裸をビデオカメラで撮影した。 6月に同法改正で新設された「盗撮による児童ポルノ製造」の適用は大分県内初。
( 読売新聞 2014年12月05日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141204-OYT1T50127.html

Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿