【児童ポルノ・千葉】保育士が児童ポルノ所持 容疑の29歳逮捕 

児童ポルノ画像を隠し持っていたとして、千葉県流山市の民間保育園に勤務する保育士の男が、児童ポルノ禁止法違反容疑で流山署に逮捕されていたことが7日、分かった。保育園を監督する市によると、保育士の携帯電話にも児童の画像が残っていた。同署は撮影された児童の特定を急いでいるものとみられる。

 逮捕されたのは、流山市南流山のなかよし保育園勤務の保育士、●●●容疑者(29)。市などによると、流山署が5日朝から●●容疑者の自宅を捜索。ポルノ画像が記録された画像媒体が複数見つかり、携帯電話にも児童が複数人写っていた。飯島容疑者は画像所持を認め、5日夕、児童ポルノ禁止法(単純所持)容疑で逮捕されたという。

 市では、画像の入手経路のほか、携帯電話の画像の中になかよし保育園の園児が含まれているかは未確認としている。

 ●●容疑者は平成20年12月から同保育園に勤務しており、現在は4・5歳クラスの副担任を務めていた。勤務態度は良好とされる。

保育士の逮捕を受け、市の担当者は6日午前、同保育園を訪れて再発防止策を指導した。また、同保育園は同日夜、保護者会を開いた。

 同保育園は産経新聞社の取材に対し、「捜査中なので、詳細は自分たちにも分からない。事実関係が明らかになった時点で、改めて保護者に報告する」などと説明した。

 同保育園は0歳児から5歳児までを受け入れており、定員120人。住民らからの人気が高く、定員を上回る児童を預かる状態が続いているという。

(産経ニュース2018年2月8日)
http://www.sankei.com/affairs/news/180208/afr1802080003-n1.html


Category: 児童買春・ポルノ
Tags: ,

← 事件簿