【児童ポルノ】児童ポルノ販売:容疑で5人を書類送検

 

県警少年課などは5日、児童ポルノ雑誌を販売したとして、岡山、神奈川、静岡、千葉の4県に住む26〜49歳の男5人を児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)容疑で熊本地検などに書類送検したと発表した。いずれも容疑を認めているという。
容疑は4〜6月、インターネット上のオークションサイトを通じ、流通が禁じられた1999年以前の児童ポルノ雑誌など約30冊を販売したとしている。
同課によると、5月にサイバーパトロールで出品されているのを確認し、購入者から事情を聴いたところ5人が浮上した。雑誌は古本屋などから入手して約500〜4万円で販売していたという。
7月施行の改正児童買春・ポルノ禁止法は児童ポルノの単純所持を禁じたが、施行後1年間は罰則を適用しない。同課は「児童ポルノを持っている人は廃棄してほしい」と話している。

( 毎日新聞 年09月06日)
http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20140906ddlk43040339000c.html

 


Category: 児童買春・ポルノ
Tags:

← 事件簿