【人身売買・愛知】偽装結婚容疑で男2人逮捕

愛知、神奈川両県警の合同捜査本部は12日までに、虚偽の婚姻届を提出したとして電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、会社役員、●●●●容疑者(51)=名古屋市中区栄=と無職、●●●●●容疑者(66)=福井市花堂北=を逮捕した。

合同捜査本部は風営法違反(無許可営業)などの疑いで、フィリピンパブの実質経営者の女(37)ら3人も逮捕。フィリピン人女性を偽装結婚で入国させ、強制的に働かせる人身取引があったとみて調べる。

2人の逮捕容疑は平成25年5月、フィリピン国籍の女性(28)の長期滞在資格を得るため、虚偽の婚姻届を福井市に提出するなどしたとしている。

愛知県警によると、女性は25年12月に入国後、名古屋市のフィリピンパブで勤務。生活苦から今年7月に横浜市へ逃げ、神奈川県警に保護された。

http://www.sankei.com/west/news/151112/wst1511120089-n1.html
(産経ニュース 2015年11月12日)


Category: 人身売買
Tags: , , , ,

← 事件簿