事件簿

casefile

児童誘拐 (2)

一覧を見る →

岡山県倉敷市で昨年7月、当時小学5年生の女児を下校中に連れ去ったとして、わいせつ目的略取や逮捕監禁致傷などの罪に問われた無職、●●●被告(50)に岡山地裁は28日、懲役6年6月の判決を言い渡した。求刑は懲役10年。

検察側は論告で、自宅パソコンの児童ポルノ画像や自作の文書を基に「根強い少女性愛の傾向がある」と指摘し、被害女児の登下校時間を調べ、監禁用の部屋を自宅に作っていたとして計画的犯行だったと主張。

弁護側は最終弁論で「わいせつ行為は一切なく、犯行も衝動的だった」と反論し、執行猶予付きの判決を求めていた。

起訴状などによると、被告は昨年7月、倉敷市内で下校中の女児にカッターナイフを突き付けて車に押し込み、自宅に連れ込んで約5日間監禁。脱出できない状態にして心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたとしている。

http://www.sankei.com/west/news/151028/wst1510280056-n1.html
(産経ニュース 2015年10月28日)


Permalink


昨年11月に三重県の女子中学生を高知市の自宅に連れ去ったとして、未成年者誘拐の罪に問われた高知市の会社役員●●●●被告(33)は19日、津地裁(水野将徳裁判長)の初公判で「高知の自宅に一緒に行ったのは間違いないが、意思に反したことはしていない」と述べた。弁護側は「事実は認めるが、未成年者誘拐罪には当たらない」と無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で「学校生活や家族関係で悩む生徒の家出願望を利用した。車で移動中、連絡手段のスマートフォンの電源を切るよう指示もしていた」と指摘した。
 起訴状によると昨年11月中旬、スマホのアプリで知り合った当時14歳の女子生徒が未成年者と知りながら家出するよう誘い、18日朝に三重県御浜町の路上から車に乗せて高知市の自宅に連れ出したとしている。
 ●●被告は昨年11月下旬、滋賀県内で別の18歳未満の少女にみだらな行為をしたとする児童買春・ポルノ禁止法違反の罪などにも問われている。(共同)
日刊スポーツ 2016年4月19日

Permalink


児童買春・ポルノ (552)

一覧を見る →

 女子中学生にわいせつな行為をしたとして、京都府警は30日、大津市の認定こども園園長・●●●●●容疑者(37)(京都市西京区)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕した。
 「18歳以上だと思っていた」と容疑を否認している。
 発表では、●●容疑者は今年1月、京都市伏見区のホテルで、当時中学3年の少女(15)に現金を支払う約束をしてわいせつな行為をした疑い。2万円を渡していた。
 少女を派遣していた売春クラブを府警が摘発して発覚した。府警によると、●●容疑者は、幼い女子の紹介を求める趣旨のメールをクラブ経営者に送っていたという。
(2015年05月01日 yomiuri online)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150430-OYT1T50183.html


Permalink


 県警少年捜査課と緑署は27日、児童福祉法違反(児童淫行)の疑いで、東京都荒川区、風俗店店長の男(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2014年9月、横浜市中区羽衣町2丁目の風俗店「DG男子学園横浜店」で、従業員の少年(16)=同市緑区=に、男性会社員(49)を相手にわいせつな行為をさせた、としている。「16歳とは知らなかった」と容疑を否認しているという。

 県警によると、少年は同年7月から9月にかけ、50~60人の男性客を相手に約50万円を稼いでいた。
(神奈川新聞 7月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150728-00002755-kana-l14


Permalink


18歳未満の娘に淫らな行為をしたなどとして、児童福祉法と児童買春・児童ポルノ禁止法違反に問われた男に対し、横浜地裁は12日、懲役4年6月(求刑・懲役7年)の判決を言い渡した。
●●●●裁判官は「娘が小学4年の頃から性的ないたずらを始め、欲望のおもむくままに性的虐待を繰り返した。厳しい非難は免れない」と述べた。判決によると、男は2013年8月~14年3月、県外の自宅で娘(当時14~15歳)に淫らな行為をして携帯電話のカメラで撮影。画像をインターネット掲示板で知り合った人物に提供した。男の公判では被害者の特定につながる恐れがあるとして、被害者と被告名を伏せて審理や判決の言い渡しが行われた。
(読売新聞 2015年2月13日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150213-OYT1T50094.html


Permalink


愛知県警瑞穂署などは13日、女子中学生に撮影モデルのアルバイトをさせたとして、名古屋市中区金山、自営業 男(60)(児童買春・児童ポルノ禁止法違反で起訴)を労働基準法違反(最低年齢)の疑いで再逮捕した。
発表によると、被告は昨年9月20日頃、経営する撮影スタジオで、名古屋市内の女子中学生(12)を、私服やアイドルのコスチューム姿にさせ、写真撮影のモデルとして働かせた疑い。調べに対し、容疑を認めているという。
(The Yomiuri Shimbun 2015年01月14日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150114-OYT1T50079.html

Permalink


京都府警は3日、強制わいせつ、児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、京都府亀岡市西つつじヶ丘美山台の鍼灸師、男(26)=別の強制わいせつ罪などで起訴=を逮捕した。3歳の女児を裸にし、写真を撮影するなど、1日に3件のわいせつ事件を起こしたとして、「全然間違いありません。女の子が怖がったり戸惑ったりしている表情を見ると興奮する」と供述している。同様の事件で逮捕されるのは3回目。
府警によると、中島容疑者は6月15日午前9時ごろ、同府向日市の路上で、女児(3)を裸にし、スマートフォンで写真を撮影。午前10時45分ごろには、京都市の女児(6)の後をつけて自宅玄関に侵入し、女児に自身の下半身を触らせて、その様子をスマートフォンで撮影した。さらに午後5時半ごろ、同市の路上で、別の女児(3)に自身の下半身を見せた、としている。
6月17日未明には、自宅のパソコンに撮影した画像を保存し、児童ポルノを製造した疑いも持たれている。別事件の家宅捜索で押収したパソコンから画像が見つかり、犯行が発覚。画像の流出は確認されていないという。容疑者は、10件以上の性犯罪事件への関与を認めており、府警が裏付けを進めている。
(産経WEST 2014年12月3日 )
http://www.sankei.com/west/news/141203/wst1412030029-n1.html

Permalink


韓国警察は、米国土安全保障捜査局(HSI)との捜査協力を通じて、児童ポルノを流布したり所持してきた者を多数摘発した。ソウル地方警察庁・サイバー犯罪捜査隊は13年11月から今月まで、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や動画サイトなどに、児童または青少年が登場するわいせつ物を掲載・流布したり、これを所持した疑い(児童・青少年性保護法律の違反)で117人を摘発し、このうち会社員の容疑者(46)など74人を書類送検したと発表した。満14歳未満で刑事未成年者である小学生33人と、軽い犯罪の中高生10人は立件されなかった。今回摘発された約10万件の児童ポルノは、警察が米HSI韓国支部との協力を通じて挙げた成果といえる。

(東亜日報 2014年10月31日)

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014103102698


Permalink


警視庁生活安全特別捜査隊は30日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、福島県郡山市台新、会社員 男(49)を逮捕した。無料通話アプリ「カカオトーク」で知り合った女子中学生(13)に現金を支払い、ホテルでわいせつな行為をした疑い。 同隊によると、容疑者は容疑を認め、「外見も幼く、18歳未満だと分かっていた」などと供述。「出会い系サイトにはまり、これまでに約15人の女性と関係を持った」と話している。逮捕容疑は7月8日と23日、東京都豊島区や大田区のホテルで中学2年の女子生徒に対し、現金計7万円を渡して、わいせつな行為をした疑い。

( 時事ドットコム 2014年9月30日)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014093000388


Permalink


 

18歳未満であることを知りながら、女子中学生に現金4千円を渡して買春したとして、奈良県警奈良署は4日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で、京都市上京区のアルバイト従業員の男(25)を逮捕した。
「ホテルには行ったが、みだらな行為はしていない」などと容疑を一部否認している。
逮捕容疑は今年3月9日午前8時35分~午後2時40分ごろ、奈良市内のホテルで、奈良市の女子中学生=当時(14)=に対し、現金4千円を渡してみだらな行為をしたとしている。
同署によると、男と女子中学生は今年2月、男の携帯電話に女子中学生の友人が間違い電話をかけた際、電話に出た男に驚いた友人が女子中学生に電話を代わったことがきっかけで知り合った。2人は数日後に会う約束をし、男は女子中学生に連絡用の携帯電話を渡してこれまで4回、奈良県内で会ったという。

女子中学生の母親が、見慣れない携帯電話を持っていた娘を不審に思い、問い詰めたところ男との関係が発覚。3月に母親が同署に相談していた。

( 産経新聞 2014年9月5日)
http://news.livedoor.com/article/detail/9221062/


Permalink


JKビジネス (13)

一覧を見る →

名古屋・中村署などは23日、恐喝未遂の疑いで派遣型のJK(女子高生)リフレ店「マジカル☆メイド」元経営者で会社役員●●●●容疑者(31)=愛知県安城市朝日町=を再逮捕した。

再逮捕容疑は3月29日ごろ、自ら派遣した同店従業員の女子高生と援助交際をした同県津島市の会社員男性(27)に対し「お金を払わなければ、被害届を出させる」と携帯電話のメールで脅し、約200万円を脅し取ろうとしたとされる。

署によると、●●容疑者は「その通りです」と容疑を認めている。被害者の会社員男性についても児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で捜査する。

●●容疑者は、同店従業員だった別の女子高生にみだらな行為をさせたとして18日、児童福祉法違反罪で起訴された。この捜査で押収された携帯電話から今回の容疑のメールが見つかった。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015092390222527.html
(中日新聞 2015年9月23日)


Permalink


女子高校生に性的なサービスをさせたとして、東京・池袋にある女子高校生と会話ができるとうたう店が摘発され、店長の男が逮捕されました。

東京・池袋の「ふぉーちゅんくっきー。」の店長・●●●●容疑者(31)は4月、高校3年の17歳の女子生徒に個室で男性客を相手に性的なサービスをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、店は女子高校生との会話ができる、いわゆる「JKコミュ」で、「裏オプション」として個室で男性客を相手に性的なサービスをさせていたということです。●●容疑者は「一切知らない」と容疑を否認しています。警視庁は、この店が去年12月以降、少なくとも500万円を売り上げていたとみて調べています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000059636.html
(テレ朝日 2015年9月30日)

 


Permalink


男性客に女性を紹介する「出会い系喫茶」を営み、18歳未満の女子高生を働かせたとして、警視庁少年育成課は風営法違反容疑で、東京・歌舞伎町の「制服相席屋」店長、●●●●容疑者(35)=新宿区歌舞伎町=を逮捕した。同課によると容疑を認めている。
 同店は、個室内で制服姿の少女らと会話したり食事したりすることを売りにしていたが、実際にはわいせつ行為が横行。「裏オプション」と呼ばれ、少女らが数万円を受け取っていた。少女は50~60人在籍しており、多くが18歳未満だったとみられる。少女も客であるとの建前を取っており、●●容疑者は「客という名目にすれば取り締まられないと思った」と話している。
 逮捕容疑は6月18日午後4時ごろ、17歳の少女2人をそれぞれ男性客に接客させたとしている。
産経ニュース 2016年6月20日

Permalink


 新手の「JKビジネス店」の店長の男が、従業員の女子高校生にわいせつな行為をしたとして、逮捕された。

 児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、東京・池袋駅近くのJKビジネス店「池袋GU探検隊」の店長・●●●●容疑者(37)で、警視庁によると、●●●容疑者は、今年3月、従業員で高校2年の女子生徒に2回にわたり、店の事務所でわいせつな行為をした疑いがもたれている。

 ●●●容疑者は、「隊員」と呼ばれる女性従業員と「散歩」ができるとうたった新手のJKビジネス店の店長で、接客を終え事務所に戻った女子生徒に、「最後に俺を頼むよ」と言って5000円を支払い、行為に及んだという。また、女子生徒に客がつかない時には「俺が客になってやろうか?」と誘っていたという。

 調べに対し、「卑わいなことをしたことはありません」と容疑を否認しているという。

(NNN 2016年7月19日
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160719-00000075-nnn-soci


Permalink


 女子高校生らに接待などをさせる「JKビジネス店」で男性客を相手にわいせつな行為をさせたとして、大阪府警は7日、風俗店経営、●●●●容疑者(57)=大阪市淀川区西宮原1=ら2人を児童福祉法違反(児童に淫行(いんこう)させる行為)などの疑いで逮捕した。
 逮捕容疑は6月、大阪市東淀川区西淡路1の賃貸マンションで、JKビジネス店「学生カウンセラーによるアンチエイジング 新大阪女子高校」を経営。兵庫県の高校2年の少女(17)を客の男性会社員(40)に引き合わせ、個室でわいせつな行為をさせた、などとしている。いずれも容疑を否認している。
 府警少年課によると、店はマンションの11室を使用。インターネットを通じて●●容疑者が集めた16〜19歳の少女が少なくとも9人在籍し、30分6000円などの料金で「女子高校生によるカウンセリングが受けられる」などと宣伝していた。客が少女と交渉して追加料金を払い、性的サービスを受けるシステムがあったという。【千脇康平】
2016年9月8日 毎日新聞 大阪朝刊

http://mainichi.jp/articles/20160908/ddn/041/040/015000c


Permalink


制服姿の女子高校生と会話できるなどとうたった、JKビジネスの店長が、従業員だった16歳の少女にわいせつな行為をしたとして警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、東京・豊島区東池袋にあった、占いの館フォーチュンエッグの店長、●●●容疑者(33)です。
警視庁によりますと、●●容疑者は去年12月、制服姿の女子高校生と会話できるなどとうたったこの店の従業員で、当時高校1年生だった16歳の少女とわいせつな行為をした、児童福祉法違反の疑いが持たれています。
被害に遭った少女は、家出をして、この店で働いていましたが、●●容疑者に「働けなくするぞ」などと言われ拒みきれなかったということです。
調べに対し、●●容疑者は容疑を認め「酒に酔った勢いだった」などと供述しているということです。
JKビジネスをめぐっては、裏オプションと呼ばれる性的なサービスが一部で行われ、児童買春の温床になっているとして、18歳未満の接客の禁止などを盛り込んだ新たな条例が、先月成立しています。

( NHK 2017年4月21日 )

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010957081000.html


Permalink


女子高校生らに男性客の接待をさせる「JKビジネス店」で少女を無理やり働かせたとして、警視庁少年育成課は9日、東京都新宿区左門町、芸能プロダクション社長、●●●●容疑者(38)を児童福祉法違反(有害支配)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は3月ごろ、JR秋葉原駅(千代田区)近くの自らが経営するJKビジネス店で、当時高校2年の少女(17)を「俺は元暴力団」などと脅し、店内に設置したカメラで監視しながらビキニ姿で接客させたとしている。
3月末に少女が「毎日帰宅が深夜で学校に行けない。家を知られているので怖くてやめられない」と同庁に相談した。この店では他に約40人が働いており、他にも脅されていた少女がいたという。

(毎日新聞 2017年5月9日)
https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00e/040/247000c


Permalink


「JKお散歩店」と呼ばれる店で女子高校生に性的な行為をさせていたとして、警察は元従業員の男ら2人を逮捕しました。
児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、「なにわ学園お散歩部」の元従業員・●●●●容疑者(47)ら2人です。●●容疑者らは今年3月、男性客(36)と当時17歳の従業員の女子高校生を引き合わせ、大阪市内のホテルで女子高校生に性的な行為をさせていた疑いなどがもたれています。
この店の表向きのサービスは客と女子高校生が街を散歩するというものですが、実態は待ち合わせの後、ホテルに行かせていたということです。取り調べに対し●●容疑者は「少女と客がそういうことをしているのは知りませんでした」と容疑を否認しています。大阪府では、いわゆるJKビジネスについて条例による規制が検討されています。
( 毎日放送 5月23日 )
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000066-mbsnewsv-soci


Permalink


着エロ (1)

一覧を見る →

露出の多い服を着せて撮影する「着エロ」と呼ばれる動画に、小学6年の少女を出演させ販売目的でDVDを製造したとして、神奈川県警は28日、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供目的製造)容疑で、DVDメーカー役員、●●●●容疑者(51)=東京都府中市=ら4人を逮捕した。
他に逮捕されたのは、少女が所属するプロダクション会社の社長、○○○○容疑者(47)=世田谷区=ら。4人は「児童ポルノに当たると思わなかった」と容疑を否認している。
逮捕容疑は共謀して昨年7月25~27日、沖縄県内で、当時12歳の少女に布地の小さい水着などを着せて動画を撮り、DVDを製造した疑い。
(産経ニュース 2016年9月28日)

http://www.sankei.com/affairs/news/160928/afr1609280021-n1.html


Permalink


人身取引 (23)

一覧を見る →

就労資格のないカンボジア国籍の女性7人に対する不法就労助長事件で、入管難民法違反(助長)容疑で逮捕された○○○○容疑者(44)らタイ国籍の女3人から覚醒剤の陽性反応が出ていたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。また、カンボジア現地紙によると、事件に関連し人身取引の疑いで現地ブローカー役の日本人の男ら3人がプノンペン市内で逮捕されており、事件は暴力団関係者が関与した組織売春の疑いが高まった。
覚醒剤反応が検出されたタイ人の女2人は、いずれも○○○○容疑者が経営し、売春を強要したとされる群馬県沼田市東倉内の飲食店「GOLD」の従業員とみられる。捜査関係者によると、この店の実質的経営者は、沼田市を拠点にした広域暴力団組員で、チュダーポン容疑者と一時交際していたという。
女2人は6日付で、同法違反と覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴された。
○○○○容疑者と同時に逮捕された▲▲▲▲容疑者(44)が経営する渋川市伊香保の風俗店周辺でも、車で客を送迎する組関係者が目撃されていたほか、タイ人やカンボジア人の女性が沼田の店と行き来していたこともわかっている。
群馬県警は事件に関与したとみられる広域暴力団と覚醒剤との関連についても、調べを進めている。
カンボジアで3人逮捕 ブローカー役の日本人ら 人身取引疑い
カンボジア日刊紙によると、人身取引の疑いで4日、逮捕されたのはブローカー役の日本人の男(52)といずれもカンボジア人の妻(28)と部下の男(34)。同国籍の女性10人を日本へ送り込んだ疑いが持たれており、少なくとも7人が群馬県内で売春を強要され、残り3人は日本への入国確認が取れていないという。現地捜査当局は「日本での人身売買との関係が明らかになった」としている。
日本人は首都プノンペンで日本食レストランを経営し、部下が被害女性に対し「月額3千~5千ドルを支払う」などと勧誘し、パスポートを用意したうえで、渡航させていた。
被害女性たちが日本へ到着すると、別の日本人の男(50)が県内へ移送、パスポートを没収したうえで、「富裕層の男性」を相手に売春を強要していたという。
また、利益はこの日本人の男と「組織」が管理していたと報じている。
県警は逮捕された日本人が事件に深く関与していた可能性もあるとみて、現地警察当局と情報交換するなど、捜査を進める。
(産経ニュース 2017年2月8日)
http://www.sankei.com/region/news/170208/rgn1702080027-n1.html
以下、関連記事になります。
https://goo.gl/TXHzC3

Permalink


カンボジア人女性らが売春を強要されていた事件で、出入国管理法違反(不法就労助長)などの罪に問われた沼田市柳町、風俗店経営、●●●被告(44)=タイ国籍=の初公判が、前橋地裁(川崎学裁判官)であった。●●●被告から借金をしていた暴力団組長が、その借金返済のため売春を持ちかけていたことが被告人質問で明らかになった。
冒頭陳述などによると、被告は昨年11月中旬~12月2日、自身が経営する沼田市内のスナックで、就労資格のないカンボジア人女性2人をホステスとして不法に働かせたなどとしている。女性らはカンボジアで「月約30万円稼げる」などとうその勧誘を受けて来日したが、無給状態だった。
検察側は「女性を性的に搾取して利益を得ており極めて悪質。人身取引は撲滅への国際的な要請が強い」などとして、懲役2年6月と罰金50万円を求刑し、即日結審した。
弁護側は「反省し更生を誓っている」などとして、執行猶予付きの判決を求めた。
(毎日新聞 2017年3月22日) 
http://mainichi.jp/articles/20170322/ddl/k10/040/080000c

以下、関連記事です。

Permalink


当時17歳の女子高校生にみだらな行為をし、撮影した動画を閲覧可能にさせたとして、奈良地検葛城支部は9日、県青少年健全育成条例違反と児童ポルノ禁止法違反などの罪で、元葛城市議、●●被告(27)=同市疋田=を奈良地裁葛城支部に起訴した。
起訴状によると、●●被告は今年1月6日~同月14日までの間、県内に住む女子高生(17)のわいせつな動画をインターネットサイトに投稿し、不特定多数の人に閲覧できる状態にしたとされる…
(2014年7月10日 奈良新聞)
http://www.nara-np.co.jp/20140710101658.html


Permalink


女子高校生らに男性客の接待をさせる「JKビジネス店」で少女を無理やり働かせたとして、警視庁少年育成課は9日、東京都新宿区左門町、芸能プロダクション社長、●●●●容疑者(38)を児童福祉法違反(有害支配)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は3月ごろ、JR秋葉原駅(千代田区)近くの自らが経営するJKビジネス店で、当時高校2年の少女(17)を「俺は元暴力団」などと脅し、店内に設置したカメラで監視しながらビキニ姿で接客させたとしている。
3月末に少女が「毎日帰宅が深夜で学校に行けない。家を知られているので怖くてやめられない」と同庁に相談した。この店では他に約40人が働いており、他にも脅されていた少女がいたという。

(毎日新聞 2017年5月9日)
https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00e/040/247000c


Permalink


 インド洋北東のアンダマン海を漂流中に救助された少数民族ロヒンギャ人たちが、難民船に乗り込むためには1人1100ドル(約13万円)が必要だった。彼らは、タイ南部を中心とする人身売買の闇市場の犠牲者たちだ。
 やせ衰え、汚れた衣服をまとったロヒンギャ人たちが詰め込まれた木造船。乗っていた●●●●●●●さん(30)は目的地に到着したら、業者に要求された4000マレーシアリンギット(約13万円)を、兄が払うはずだったと語った。「まだ何も払っていない。ただマレーシアに着きたい」。無慈悲な密航業者たちのネットワークが分裂すると、必死で逃れてきた難民たちは取り残され、船上で飢えに苦しむ。AFPがタイ南部のリペ島沖で目撃した漂流船もそうだった。
 ●●●さんが話したように、到着後に料金を払う契約は、祖国を持たないイスラム教徒のロヒンギャ人たちが、絶望的な環境の中で暮らしているミャンマー西部や、隣接する貧しいバングラデシュ沿岸部を起点とする密航業者のネットワークが好む方法だ。密航ネットワークは数百キロ離れたタイ南部の先にまで及んでいる。
 この数か月、密航業者は手口を変え安価な、時に無料での密航を提供するようになった。人権保護団体によると、実際に金の支払いが発生するのはタイ南部に着いてからだ。難民たちはここで森林の中にある収容所に拘束され、解放されるために約2000ドル(約24万円)を親戚や友人らが支払うのを待つ。払われない場合は、業者が難民たちをまとめてマレーシアの農場や企業などに売る。
 タイ警察の捜査を支援する反人身売買団体フリーランド基金によると、難民たちは勧誘されたり、だまされたり、またときに誘拐されたりして集められる。また400人が乗った船一隻で、業者にとっては最大80万ドル(約9700万円)の利益になるという。
(2015.5.21 AFP)

http://www.afpbb.com/articles/-/3048995?pid=0&page=2


Permalink


知人の女性(38)に売春を強要した事件で、兵庫県警捜査1課などは、知人の男性(24)に無断でこの女性との婚姻届を提出するなどしたとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用と詐欺、窃盗の容疑で7日、住所不定、無職、男(48)=売春防止法違反罪などで起訴=と長女の無職(22)=同=を再逮捕した。いずれも容疑を認めているという。
再逮捕容疑は、2人は共謀し、昨年2月20日、兵庫県加西市役所で、知人の男性に無断で知人の女性との虚偽の婚姻届を提出。そのうえで姓が変わった女性の国民健康保険の保険証をだまし取った。さらに、この保険証を使って金融機関のローン契約機で女性名義のキャッシュカードを作り、50万円を引き出して盗んだとしている。
( 産経WEST 2015年1月8日)
http://www.sankei.com/west/news/150108/wst1501080012-n1.html

Permalink


茨城県警生活環境課などは26日、売春防止法違反(契約、周旋)の容疑で、NPO法人「茨城人権擁護支援会」理事長で、風俗店経営の●●●●容疑者(61)=茨城県下妻市下木戸=と同法違反(周旋)の容疑で従業員の●●●●●容疑者(22)=同市下妻乙=逮捕し、27日に水戸地検下妻支部に送検した。
逮捕容疑は昨年12月、茨城県下妻市下木戸の無店舗型風俗店「セレブな愛人アマン」の事務所で、県立高3年の女子生徒(18)と売春契約を結び、今年2月5日、同市内のホテルで男性客(25)に売春行為をさせたとしている。
生活環境課によると、●●容疑者は昨年12月、風俗店と知らずにアルバイトの面接にきた女子生徒の免許証などをコピーして「家に行くぞ」などと脅し、売春を強要していたとみられる。女子生徒は昨年12月から、県警に保護される今年2月までの3カ月間に、男性客約60人を相手に売春をさせられていたとみられるという。
生活環境課によると、風俗店の事務所として使用しているアパートの部屋は、NPO法人の事務所として下妻市に登録されており、電話番号も同一だった。風俗店の送迎用の乗用車には「茨城人権擁護支援会」と書かれたステッカーが搭載されていたという。
下妻市のホームページなどによると、茨城人権擁護支援会の活動内容は「子どもの健全育成を図る活動」や「人権の擁護と平和の推進を図る活動」などとしているが、活動実態はないとみられており、●●容疑者は県警の調べに対し「NPOはイメージが良いから登録した」などと話しているという。
生活環境課によると、同店の料金は60分1万7千円で、昨年12月の契約時点では、店側7千円、女子生徒1万円が取り分とされていたが、店側から女子生徒には未払いの賃金もあったという。
(産経ニュース 2015年2月27日)

http://www.sankei.com/affairs/news/150227/afr1502270028-n1.html


Permalink


 撮影モデルに応募した少女らがアダルトビデオ(AV)に出演させられていた事件で、大阪府警は20日、モデル募集サイト「Moe★Moe Style」の運営者で住所不定、●●●●被告(48)=職業安定法違反罪などで起訴=を強要などの疑いで再逮捕した。意に反するAVへの出演が全国的に問題化する中、強要容疑での逮捕は異例という。

 逮捕容疑は2014年7月、拠点としていた東京都渋谷区のスタジオで、撮影に応募した静岡県の当時高校3年生で18歳の少女に「書かないと家に帰らせないから」と顔を近づけて脅迫。AV出演を承諾したとする契約書を書かせたとしている。「無理やり出演させられたと言われないよう、脅して書かせた」と容疑を認めているという。

 保安課によると、●●容疑者は契約書に名前と住所を記入させた後、制服姿の少女の撮影を開始。次第にわいせつな内容にエスカレートし、泣き出した少女に契約書を差し出し「実技は私の意思です」などと加筆させたという。

 府警はこれまでに東京▽大阪▽名古屋▽福岡--の撮影拠点などを捜索し、少女ら207人分の契約書計213枚とわいせつDVD計7万枚以上を押収。連絡が取れた19人から事情を聴き、他にもAV出演を強要された例がないか調べている。【宮嶋梓帆】

(6月20日 毎日新聞)


Permalink


強制労働 (1)

一覧を見る →

女子高校生らに男性客の接待をさせる「JKビジネス店」で少女を無理やり働かせたとして、警視庁少年育成課は9日、東京都新宿区左門町、芸能プロダクション社長、●●●●容疑者(38)を児童福祉法違反(有害支配)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は3月ごろ、JR秋葉原駅(千代田区)近くの自らが経営するJKビジネス店で、当時高校2年の少女(17)を「俺は元暴力団」などと脅し、店内に設置したカメラで監視しながらビキニ姿で接客させたとしている。
3月末に少女が「毎日帰宅が深夜で学校に行けない。家を知られているので怖くてやめられない」と同庁に相談した。この店では他に約40人が働いており、他にも脅されていた少女がいたという。

(毎日新聞 2017年5月9日)
https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00e/040/247000c


Permalink


売春強要 (4)

一覧を見る →

茨城県警生活環境課などは26日、売春防止法違反(契約、周旋)の容疑で、NPO法人「茨城人権擁護支援会」理事長で、風俗店経営の●●●●容疑者(61)=茨城県下妻市下木戸=と同法違反(周旋)の容疑で従業員の●●●●●容疑者(22)=同市下妻乙=逮捕し、27日に水戸地検下妻支部に送検した。
逮捕容疑は昨年12月、茨城県下妻市下木戸の無店舗型風俗店「セレブな愛人アマン」の事務所で、県立高3年の女子生徒(18)と売春契約を結び、今年2月5日、同市内のホテルで男性客(25)に売春行為をさせたとしている。
生活環境課によると、●●容疑者は昨年12月、風俗店と知らずにアルバイトの面接にきた女子生徒の免許証などをコピーして「家に行くぞ」などと脅し、売春を強要していたとみられる。女子生徒は昨年12月から、県警に保護される今年2月までの3カ月間に、男性客約60人を相手に売春をさせられていたとみられるという。
生活環境課によると、風俗店の事務所として使用しているアパートの部屋は、NPO法人の事務所として下妻市に登録されており、電話番号も同一だった。風俗店の送迎用の乗用車には「茨城人権擁護支援会」と書かれたステッカーが搭載されていたという。
下妻市のホームページなどによると、茨城人権擁護支援会の活動内容は「子どもの健全育成を図る活動」や「人権の擁護と平和の推進を図る活動」などとしているが、活動実態はないとみられており、●●容疑者は県警の調べに対し「NPOはイメージが良いから登録した」などと話しているという。
生活環境課によると、同店の料金は60分1万7千円で、昨年12月の契約時点では、店側7千円、女子生徒1万円が取り分とされていたが、店側から女子生徒には未払いの賃金もあったという。
(産経ニュース 2015年2月27日)

http://www.sankei.com/affairs/news/150227/afr1502270028-n1.html


Permalink


元同級生の女性に売春をさせたとして売春防止法違反罪などに問われた宮崎市吉村町、無職(女21)の初公判が19日、宮崎地裁(滝岡俊文裁判官)であった。鶴原被告は起訴内容の認否を留保した。
起訴状などによると、鶴原被告は昨年11月3日、宮崎市のアパートで、小中学時代の同級生だった女性を脅し、出会い系サイトで知り合った複数の客を相手に売春させ、対価を自…
(毎日新聞 2015年1月26日)
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/m20150120ddlk45040545000c.html

Permalink


知人の女性(38)に売春を強要した事件で、兵庫県警捜査1課などは、知人の男性(24)に無断でこの女性との婚姻届を提出するなどしたとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用と詐欺、窃盗の容疑で7日、住所不定、無職、男(48)=売春防止法違反罪などで起訴=と長女の無職(22)=同=を再逮捕した。いずれも容疑を認めているという。
再逮捕容疑は、2人は共謀し、昨年2月20日、兵庫県加西市役所で、知人の男性に無断で知人の女性との虚偽の婚姻届を提出。そのうえで姓が変わった女性の国民健康保険の保険証をだまし取った。さらに、この保険証を使って金融機関のローン契約機で女性名義のキャッシュカードを作り、50万円を引き出して盗んだとしている。
( 産経WEST 2015年1月8日)
http://www.sankei.com/west/news/150108/wst1501080012-n1.html

Permalink


カンボジア人女性らが売春を強要されていた事件で、出入国管理法違反(不法就労助長)などの罪に問われた沼田市柳町、風俗店経営、●●●被告(44)=タイ国籍=の初公判が、前橋地裁(川崎学裁判官)であった。●●●被告から借金をしていた暴力団組長が、その借金返済のため売春を持ちかけていたことが被告人質問で明らかになった。
冒頭陳述などによると、被告は昨年11月中旬~12月2日、自身が経営する沼田市内のスナックで、就労資格のないカンボジア人女性2人をホステスとして不法に働かせたなどとしている。女性らはカンボジアで「月約30万円稼げる」などとうその勧誘を受けて来日したが、無給状態だった。
検察側は「女性を性的に搾取して利益を得ており極めて悪質。人身取引は撲滅への国際的な要請が強い」などとして、懲役2年6月と罰金50万円を求刑し、即日結審した。
弁護側は「反省し更生を誓っている」などとして、執行猶予付きの判決を求めた。
(毎日新聞 2017年3月22日) 
http://mainichi.jp/articles/20170322/ddl/k10/040/080000c

以下、関連記事です。

Permalink


AV強要 (1)

一覧を見る →

 撮影モデルに応募した少女らがアダルトビデオ(AV)に出演させられていた事件で、大阪府警は20日、モデル募集サイト「Moe★Moe Style」の運営者で住所不定、●●●●被告(48)=職業安定法違反罪などで起訴=を強要などの疑いで再逮捕した。意に反するAVへの出演が全国的に問題化する中、強要容疑での逮捕は異例という。

 逮捕容疑は2014年7月、拠点としていた東京都渋谷区のスタジオで、撮影に応募した静岡県の当時高校3年生で18歳の少女に「書かないと家に帰らせないから」と顔を近づけて脅迫。AV出演を承諾したとする契約書を書かせたとしている。「無理やり出演させられたと言われないよう、脅して書かせた」と容疑を認めているという。

 保安課によると、●●容疑者は契約書に名前と住所を記入させた後、制服姿の少女の撮影を開始。次第にわいせつな内容にエスカレートし、泣き出した少女に契約書を差し出し「実技は私の意思です」などと加筆させたという。

 府警はこれまでに東京▽大阪▽名古屋▽福岡--の撮影拠点などを捜索し、少女ら207人分の契約書計213枚とわいせつDVD計7万枚以上を押収。連絡が取れた19人から事情を聴き、他にもAV出演を強要された例がないか調べている。【宮嶋梓帆】

(6月20日 毎日新聞)


Permalink


その他 (18)

一覧を見る →

父の面影を求めた“祖国”で、約束はほごにされた。日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれた「親日系フィリピン人」(JFC)らが働いていた岐阜、愛知両県のパブが、入管法違反容疑で岐阜県警の家宅捜索を受けた。来日に関わったブローカーの男の下から逃げ、今も息を潜めて暮らす女性らが、約束にないパブでの労働を強いる手口を毎日新聞の取材に証言した。
「お金は要らない。ただ、工場で4年間働いてほしい」。大学生だったJFCの女性(20)はフィリピンの首都マニラで昨年6月、日本人の男に来日を持ちかけられた。女性が生まれて9カ月後に姿を消したという日本人の父親。その戸籍には入っておらず、20歳の誕生日までに申請しないと日本国籍を取れない。日本大使館に相談しても話が進まず途方に暮れていた時、「JFCを支援している」という「国際財団」の男を知人に紹介されたのだ。自分は、周りの友人や親族とは顔つきも、時に振る舞いも違う。私は何者なのか。日本という国や日本人を知れば父に近づき、自分のことも分かるのではないか。「お金だけの問題じゃない。アイデンティティーの問題」。そんな思いで来日を決めた。だが大学をやめて7月に来日すると、中部国際空港に迎えに来た男の車は岐阜県のパブに直行した。数日後、初めて“借金”があると告げられた。食費もただという触れ込みだったが、「ご飯を食べるだけでも借金が積み上がる」と言われた。経費が60万円かかったとも言われ、隠れて泣いたが、酔客の接待を断れなかった。別の女性(34)もこの男を頼り、日本人との間に産んだ長男(10日本国籍=と昨年4月に来日。だが、パスポートを取り上げられ、名古屋市のパブで働かされた。長男を通学させる約束は破られ、外出も止められた。来日前に30と約束された月給は8万円しかなく、「逃げれば罰金150万円。(男の)兄弟がヤクザだから、どこに行っても見つける」と脅された。だが長男の将来を考え、男がフィリピンに渡った昨年8、隙(すき)を見つけて逃げ出した。
入管法違反の容疑でフィリピンパブに捜索に入る岐阜県警の捜査員ら=岐阜県美濃加茂市で2015年2月13日午後10時10分
(毎日新聞 2015年2月14日)
http://mainichi.jp/select/news/20150214k0000m040126000c.html


Permalink


福岡県警八幡西署は9日午前9時59分、北九州市八幡西区楠橋東2丁目、無職男(49)を売春防止法違反(契約、周旋)容疑で逮捕した。
同署の調べによると、男は昨年3月下旬ごろから8月上旬ごろまでの間、出会い系サイトを利用して募集した女性らを相手に、売春をさせる契約を結び、同年5月下旬ごろから同年9月下旬ごろまでの間、女性たちに、不特定の客を売春の相手として引き合わせ、売春の周旋をした疑い。
(西日本新聞 2015年2月9日)

http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/144459


Permalink


警視庁保安課は1月20日までに、ホテルなどに女性を派遣し、売春を斡旋(あっせん)したとして、売春防止法違反(周旋)の疑いで、デリバリーヘルス(派遣型風俗店)「サンキューグループ」の実質経営者で会長の男(61=東京都新宿区原町)ら男女21人を逮捕した。
同課によると、全国展開のデリヘル店を一斉に摘発するのは初めてのこと。
調べに対し、容疑を認めている者もいるが、男は「私の店は売春店ではありません」と否認しているという。
男らの逮捕容疑は、昨年5月から10月までの間、池袋店や五反田店など計6店舗において、ホテルやレンタルルームに女性を派遣し、女性従業員7人に売春させたとしている。
数年前から同グループに関しては、「派遣されてきた女性が、インターネットに載っていた写真と全く似ていない」などといった苦情が相次いでおり、元従業員女性から「過激なサービスを強要された」との情報提供があり、1月17日に10店舗を家宅捜索していた。
同グループは池袋に総本店を置き、東京を始め、埼玉、千葉、神奈川、栃木、北海道、青森、宮城、山形、福島、愛知、静岡、長野、新潟、大阪、兵庫、岡山、広島、愛媛、福岡、大分の21都道府県で65店舗の直営店、フランチャイズ店を全国展開し、年間4億円を売り上げていたとみられる。
勝手に風俗適正マークを作って、ホームページに掲載し、「安心安全の風俗店であることをお約束します」とうたっていた。
料金は30分3900円からと“激安”が売りだったが、一定以上の料金コースでは女性従業員に売春をさせていたという。
(リアルライブ 2015年01月22日)
http://npn.co.jp/article/detail/15032903/

Permalink


佐賀署は21日、売春防止法(周旋)の疑いで、福岡市博多区博多駅南6丁目、風俗店経営 男(52)を逮捕した。
逮捕容疑は10月下旬、小城市内のホテルで、20代の女性従業員を佐賀市内の20代男性と引き合わせ、売春を仲介した疑い。同署によると、今里容疑者は佐賀市内で無店舗型風俗店を営んでいる。「売春クラブではない」と否認しているという
( 佐賀新聞 2014年11月23日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10102/128431

Permalink


愛知県警中署は28日、売春防止法違反(周旋)の疑いで、名古屋市中区のデリヘル店の店長(44)や送迎役の従業員の男ら計5人を逮捕した。容疑者らは共謀して19~27歳の女性従業員4人に「高い給料をもらっているんだから客を満足させないといけない」と言って、市内のホテルに送迎して売春をあっせんしたとされる。同署によると、同店は2006年から営業しており、女性従業員約40人が所属。1回5万~10万円で派遣していた。
(スポニチ 2014年5月28日 )
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/05/28/kiji/K20140528008250860.html


Permalink


インターネットの動画投稿サイト「FC2」で、わいせつな動画を不特定多数の人が見られるようにしたなどとして、大阪の会社の社長らが逮捕・起訴された事件で、警察は、「FC2」の開設者でアメリカに住む40代の男が事件に関わった疑いが強まったとして逮捕状を取り、国際手配しました。

大阪市のインターネット関連会社「ホームページシステム」の社長、●●●●(40)と、前の社長の○○○○被告(39)は、おととし6月、インターネットの動画投稿サイト「FC2」でわいせつな動画を不特定多数の人が見られるようにしたなどとして逮捕・起訴されました。
警察によりますと、「FC2」は、○○被告の兄でアメリカに住む40代の男が開設しましたが、押収した資料などを分析した結果、この男が事件に関わった疑いが強まったということです。警察は、わいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで男の逮捕状を取り、国際手配しました。
これまでの捜査で、「ホームページシステム」から押収したパソコンに、「FC2」のすべての会員2600万人分の名前やメールアドレスなどの情報が保管されていたことが分かっていて、警察は、この会社が「FC2」の実質的な運営会社とみて調べています。

(NHK NEWS 2015年8月20日)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150820/k10010196111000.html


Permalink


児童にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつと児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の罪に問われた元神戸市立小学校臨時講師の●●●●被告(23)=同市東灘区魚崎南町2=の初公判が24日、神戸地裁(中川卓久裁判官)であった。●●被告は起訴内容を認めた。

起訴状などによると、●●被告は4~5月、13歳未満の男児の下半身を触り、スマートフォンのカメラで動画撮影したなどとされる。

冒頭陳述で検察側は、「勉強を教えることを口実に家族や児童と交流を深めた上で、2人きりになる状況を作り、犯行に及んだ」とした。

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201509/0008425969.shtml
(神戸新聞 2015年9月24日)


Permalink


人身取引や家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)の被害者を保護する全国の婦人相談所が、2010~14年度に少なくとも46カ国1910人(年平均約380人)の外国人女性を一時保護したことが毎日新聞の調査で分かった。日本人を含む保護者は年4300~4600人(10~13年度、厚生労働省調べ)で推移しており、外国人の割合が際立つ。支援が限られて保護が長引く傾向も浮かぶ。

◇目立つ長期化「シェルター必要」

婦人相談所は売春防止法で各都道府県に設置が義務付けられた女性の保護業務の中枢機関。全国の婦人相談所や都道府県に外国人の一時保護実績や支援状況を聞き、全47都道府県から回答を得た。

5年間に保護された外国人は計1910人で全都道府県に保護実績があった。厚労省によると日本人を含む年間の一時保護者は10万人当たり6、7人だが、調査結果では外国人の保護割合は10万人当たり32~37人となり、5倍前後に上る。

国籍が判明した1333人のうちフィリピンが697人と半数を占め、中国205人、ブラジル91人と続いた。

都道府県別の最長保護期間は平均74日。2週間程度で施設を出るとされる日本人と比べ、保護が長引くケースが目立つ。

長期化の背景については、「住まいや仕事など生活基盤の受け皿確保が難しい」(福島県)▽「日本語が十分に話せず自立が困難」(長野県)--などの指摘があった。13道県は(1)カウンセリング(2)日本語学習(3)被害者の法的権利や人身取引に関する国の対策の説明(4)在留資格変更などに関わる定住支援--のいずれについても「提供できるスタッフがいない」と回答し、支援不足が浮かんだ。

「移住者と連帯する全国ネットワーク」(移住連)の山岸素子事務局長は「在留資格更新時に夫の身元保証に依存せざるを得ない現状がDVを助長し、被害者を多くしている」と指摘。「行政は多言語・多文化に対応できるシェルターを設けるべきだ」と訴える。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000020-mai-soci
(毎日新聞 2015年12月27日)


Permalink