政府 4月をAV出演強要・JKビジネス等の「被害防止月間」と発表

3月は、AV出演強要問題について、国が大きく動き出しました。3月15日、公明党 AV出演強要問題対策プロジェクトチームが菅官房長官に、中間提言を提出。提言を受けた菅官房長官は、被害防止に向けて政府として取り組む姿勢を強調し、翌日16日の記者会見にて「4月は進学や就職で、若い人の環境が大きく変わる。被害に遭うリスクが高まることが予測される」と述べ、早急に対策を講じるべく、関係省庁幹部による会議を立ち上げ、初会合を開くことを発表しました。そして、21日には、関係省庁の局長級による対策会議を設置、初会合を開催し、月内に緊急対策を、また、5月中旬までに政府としての取り組み方針を取りまとめることを確認しました。

また、27日の参院予算委員会にて、公明党の佐々木さやか議員が質疑を行い、AV出演強要問題に関して、「政府を挙げて早急に取り組みを」と要請しました。佐々木議員の質問を受けて、安倍首相は、「若年層の性的搾取や女性に対する性暴力は重大な人権侵害であり、国として根絶を図る」と強調し、「実態解明、取り締まりや教育啓発の強化、被害者が相談できる体制の充実などの取り組みを加速する」と応じたとのことです。

なお、31日午前中、第2回目となる省庁横断の局長級対策会議が開かれ、政府は来月4月をAV出演強要・JKビジネスの「被害防止月間」と位置づけ、内閣府のホームぺージに注意喚起を促すサイトを新設、4月中にシンポジウムを開催するなど、教育・啓発活動に力を入れるとのことです。

国の迅速な対応に心から感謝するとともに、今後も民間団体として政府機関と力を合わせて本問題解決に取り組んでいけるよう、引き続き、ライトハウスとしてできることを全力で前進させて参ります。ここまで応援・ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございます。世論喚起が力強い後押しとなりますので、引き続き、ご協力よろしくお願いいたします。

=====
<AV出演強要・JKビジネス等の問題に関する啓発マテリアル>

・AV出演強要問題 啓発動画「あなたへ
SNSなどでの拡散にご協力お願いいたします。

・啓発マンガ「BLUE HEART〜ブルー・ハート〜
子どもを性の商品化から守るための啓発マンガ(1冊300円)。

・啓発チラシ「アダルトビデオ(AV)に出演させられそうになっている方へ
どこかに置いていただく、または配布いただく機会などございましたら、ご相談の上、チラシを送付させていただきますので、事務局(050-3496-7615/info@lhj.jp)までお問い合わせください。

是非ご活用ください!